50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
島秀雄 島秀雄

島秀雄鉄道技術者しまひでお

「東海道新幹線の生みの親」として知られる鉄道技術者・島秀雄さん。1901(明治34)年、大阪府で鉄道技術者の父・安次郎さんのもとに生まれる。1925(大正14)年、当時の鉄道省に入省。数多くの蒸気機関車の設計に携わり、中でも「デゴイチ」の愛称で知られたD51機関車は代表作として知られる。
早い時期から電気車両の研究を進めていた島秀雄さん。1940(昭和15)年、東京-下関間を9時間で結ぶ「弾丸列車計画」に参加し、調査委員長を務めていた父・安次郎さんのもとで電気機関車を用いた案を策定する。計画は戦争の激化で頓挫するが、当時の買収用地やトンネルなどが後の東海道新幹線で活用されることになる。
戦後の国鉄時代も鉄道の近代化に取り組むが、1951(昭和26)年、桜木町事故の責任をとる形で辞職。1955(昭和30)年に当時の十河国鉄総裁に乞われて技師長として復職。東海道新幹線の建設計画を中心になって推し進めた。
鉄道技術者・島秀雄。鉄道の高速化に挑んだ人生を語る。

あの人に会いたい

人なり物なりを役に立つような方向に運びまして
何か効果を発揮しようという仕事をする
乗り物だか運び物のだか そういう仕事に
一生関わり合ったようなことになってしまった

父の時代からの執念が続いているのかも知れません

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。