50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
中田喜直 中田喜直

中田喜直作曲家なかだよしなお

日本を代表する作曲家のひとり。「夏の思い出」「めだかのがっこう」「雪のふるまちを」など、世代を超えて親しまれる歌を数多く残した。歌曲、ピアノ曲など作った曲は3000近くになる。
大正12年、「早春賦」で知られる音楽家・中田章の息子として東京に生まれた中田。幼い頃から北原白秋・山田耕筰らの童謡に親しみ、東京音楽学校(現・東京藝大)へ進学するも、戦争の激化により陸軍へ志願、南方へパイロットとして配属される。この間、肌身離さず持ち歩き、繰り返し読んだのが西条八十編の童謡詩集。戦後の中田の生き方に大きな影響を与えた。「敗戦国日本で自分が出来ることは何か」。戦後、作曲活動を始めた中田はすぐに頭角を現し、昭和24年の「夏の思い出」の作曲で広く知られるようになる。詩から触発されたイメージを音にする一方で、「日本語が美しく聞こえる旋律の追求」を自らの信念とし、晩年まで作曲活動を続けた。「美しい音は静寂を知ってこそ生まれる」など子どものためのよい音楽とは何かを生涯かけて伝え続けた。中田の作曲に込めた思いが語られる。

あの人に会いたい

時代は変わるから 変わったものばかり追いかけると 本当のものを見失ってしまう 子どものために作った いい歌は日本にたくさんある
そういう歌も やっぱり子どもに聴かせないといけない

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。