50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
島倉千代子 島倉千代子

島倉千代子歌手しまくらちよこ

「お千代さん」の愛称で親しまれた歌手、島倉千代子。昭和30年のデビュー以来、「からたち日記」「人生いろいろ」など数々の大ヒット曲を生み出し、60年近くも歌い続けた。
昭和13年、東京品川で生まれる。幼い頃、疎開先で左腕に大けがを負う。無口で引っ込み思案になった千代子を救ったのは母親の歌だった。16歳の時、レコード会社の歌謡コンクールで優勝、プロ歌手となる。デビュー曲「この世の花」は200万枚を超える大ヒット。その後も、ミリオンセラーを連発し、NHK紅白歌合戦に連続30回出場するなど、時代を代表する歌手として活躍した。
しかし私生活は波瀾万丈。25歳で結婚するも4年で離婚。莫大な借金を抱えるという不運に見舞われる。その後も再び莫大な借金を背負い、乳がんを患うなど歌手生命の危機にも直面した。それでも歌を捨てることはなく、歌うことで乗り越えた。日本歌謡史に大きな足跡を残した島倉千代子の、歌とともに生きた人生が語られる。

あの人に会いたい

泣いていても 歌が歌えるようになると 涙も吹き飛ばして頑張れます くじけましたけど 歌があるから生きてこられました

今週の明星(ラジオ)

聴取者からのリクエスト番組『お好み投票音楽会(曲希望)』と『歌の明星(出演者希望)』を組み合わせてできた番組。3名の出演歌手は(1)テーマソング(2)好きな歌(3)得意な歌と各々3曲ずつ歌い、その間に短い軽音楽と合唱曲が挿入された。テレビ時代になってもラジオで同時放送され、1964年まで14年間続く人気番組となった。

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。