50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
米倉斉加年 米倉斉加年

米倉斉加年俳優・絵本作家よねくらまさかね

独特な存在感と重厚な演技で、舞台を中心に映画やテレビなどで幅広く活躍した。また、演出家や絵本作家としても才能を発揮した。
昭和9年、福岡市の炭屋の長男として生まれる。芝居好きの祖母の影響で演劇に親しんで育った。大学では演劇部に所属し、20歳の時に役者を目指して上京した。劇団民藝に研究生として入所し、劇団の創設者の一人であった宇野重吉に師事した。
出世作となったのは33才の時の舞台「ゴドーを待ちながら」だった。師匠の宇野重吉の相手役という難しい役に抜擢された。その演技が評価され、紀伊国屋演劇賞を受賞。その後、大河ドラマ、連続テレビ小説など、名脇役として欠かせない存在となっていく。
また、40代になると絵本作家としての才能も発揮し始める。そのテーマの多くは戦争や差別の問題。創作の原点となっていたのは、戦争中に1歳だった弟を栄養失調で亡くした辛い経験だった。海外からも高く評価され、絵本「魔法おしえます」「多毛留」で、ボローニャ国際児童図書展でグラフィック大賞を受賞した。
“普通に生きていく幸せ”の大切さと難しさを知った米倉が、舞台や絵本を通して生涯伝え続けた、平和への思いが語られる。

あの人に会いたい

平和がいいんじゃないですか 人は殺し合わないほうが 戦争はしないほうが “普通”は大変なんです

連続ドラマ バス通り裏

NHK初の本格的な「連続ドラマ」。月曜日から金曜日まで、午後7時のニュースに続く15分番組だった。主人公となるのは高校の国語教師と隣の美容院の一家。何気ない日常生活を描く。当時、10代だった十朱幸代と岩下志麻が出演した。人気が高く、「連続ドラマ」初の大ヒットとなった。5年間に全1,395回。1960年(昭和35年)10月よりカラー化された。

作:筒井敬介 音楽:中原美紗緒

NHK短編映画 電話 その周辺の記録

生活に便利で必要不可欠な電話。ところが1960年代、増え続ける需要に供給が追いつかなくなった。雪深い山村では電話がないと、陸の孤島になる。何年も待ちようやく電話がやってきた時には、村人たちは電話を囲んで酒盛りをして祝う。盛り場で恋の駆け引きに使われる電話、和風で優雅な京都の電話ボックス、酔っ払いに絡まれるのが悩みという電話交換手たち・・・。電話を巡ったエピソードに時代の縮図を見る。

大河ドラマ 三姉妹

1967年(昭和42年)、この年は明治100年を迎えるため、幕末の動乱から明治維新までの時代を取り上げ、旗本の薄幸な三姉妹と純粋で反骨精神の旺盛な浪人・青江金五郎の、運命の変転を軸に描く。歴史上、虚構の人物を取り混ぜ、時代に翻弄されるさまざまな人間像が展開する。原作は大佛次郎(おさらぎじろう)。主人公の三姉妹は岡田茉莉子、藤村志保、栗原小巻が演じて人気を得た。

原作:大佛次郎 脚本:鈴木尚之 音楽:佐藤勝 語り:鈴木瑞穂

連続テレビ小説 あしたこそ

大学入学、就職、結婚、人生の転機を持ち前の行動力で切り開く娘と、そんな娘に理解を示すうちに一人の女として生きる知恵を得る母親。世代の異なるそれぞれの成長を明るく描く。「朝ドラ」初のカラー作品。

原作:森村桂 脚本:橋田壽賀子 音楽:桑原研郎 語り:川久保潔

連続テレビ小説 藍より青く

太平洋戦争のさなかに結婚し、18歳で夫を亡くした真紀が戦後、熊本県天草から上京。一人息子と共に苦しい時代を力強く生きて中華料理店を開業するまでの物語。途中、語りの中畑道子が他界し、丹阿弥谷津子が代役を務めた。番組開始直後から、ヒロインの夫の助命嘆願が視聴者から続々と寄せられた。山田太一のオリジナル脚本。

作:山田太一 音楽:湯浅譲二 語り:中畑道子

連続テレビ小説 水色の時

北アルプスに囲まれた信州松本を舞台に、医学部を目指す高校生の娘・知子(大竹しのぶ)と看護師として働く母親(香川京子)の心の交流を描く。1年間放送の「朝ドラ」が、この作品から半年間になった。映画「青春の門」に続き、大竹しのぶの出世作となった。

作:石森史郎 音楽:桑原研郎 語り:岸田今日子

大河ドラマ 花神

一介の村医者から長州藩の討幕司令官になり、新政府で近代軍制を築いた村田蔵六(後の大村益次郎)を中心に、維新の原動力となった若者たちを描く、青春群像劇。「花神」とは、人知れず野山に花を咲かせて去る神のことで、栄光を待たずに去ったヒーローを暗示している。主役の村田蔵六を中村梅之助、高杉晋作を中村雅俊、吉田松陰を篠田三郎が演じた。総集編5本を1978年に放送。

原作:司馬遼太郎(「遼」しんにょうの点が二つ) 脚本:大野靖子 音楽:林光 語り:小高昌夫

ドラマ人間模様 夕暮れて

瀬島喬子は平凡な主婦。証券マンの夫・慶治、浪人の息子・舅(しゅうと)と暮らしているが、最近、慶治と気持ちがかみ合わない。慶治は突然、会社の近くのアパートで一1人暮らしを始める。喬子には中学の同窓会で再会した大八木昇が電話をかけてくる・・・。単調な家庭生活を送る中年夫婦の心の渇きと、失われた青春への郷愁を描く山田太一のドラマ。第16回テレビ大賞優秀番組賞を受賞。

原作:山田太一 脚本:山田太一 音楽:山本直純

連続テレビ小説 ちりとてちん

心配性でコンプレックスだらけのヒロイン・和田喜代美。高校卒業を目前に、一大決心をして故郷の福井県小浜から大阪へと飛び出す。そこで上方落語と出会い、やがて彼女は落語家を志すことに・・・。恋あり涙ありの人情ドラマ。悩めるヒロイン・喜代美を貫地谷しほりが熱演した。

脚本:藤本有紀 音楽:佐橋俊彦 語り:上沼恵美子

ドラマ10 サイレント・プア

サイレント・プア--声なき貧困。社会に広がる「見えない貧しさ」に立ち向かうべく登場したのが、コミュニティー・ソーシャルワーカー(CSW)という仕事だ。里見涼(深田恭子)は東京下町の社会福祉協議会CSWとして、懸命に生きながらも現代の社会的孤立のふちに沈んだ人たちに手を差し伸べ、それぞれの人生にふれていく。人は何度でも生き直せる--この信念で涼が見いだしたのは、新たな生へと踏み出す自分自身だった。

作:相良敦子 音楽:佐橋俊彦

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。