50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
高田渡 高田渡

高田渡フォークシンガーたかだわたる

フォークシンガーの草分け高田渡。昭和44年、「自衛隊に入ろう」でデビューして以来およそ40年、働く者の日常を社会風刺を込め、淡々と歌う独特のスタイルで人々の共感を呼んだ。
高田渡は昭和24年、材木商を営む資産家の4男として岐阜に生まれた。8歳の時、人生が暗転する。母が亡くなり、父は事業に失敗。50歳を過ぎた父は上京し、肉体労働をしながら暮らしを立てた。厳しい生活の中で父・高田豊は詩人を志す前向きの人であった。渡はその影響を受け小学4年の時、初めて詩を書いた。自分の気持ちを表したかったのである。貧しくとも志高く、明るく生きた父の姿がフォークシンガー高田渡の原点である。
デビュー作「自衛隊に入ろう」は自衛隊を皮肉を込めて歌ったものだった。歌は折からの全共闘運動、ベトナム反戦に揺れ動いた若者たちの心を捉え、センセーションを巻き起こす。しかし高田はこの歌を封印する。正面切って自分の主張をぶつけるよりも「自分の日常生活をそのまま歌うことが最高のプロテストソングではないか」と考えたのである。そして「生活の柄」「夕暮れ」「仕事さがし」などの名曲が生まれた。
働く人々に寄り添い、自分好みの歌を歌い続けた孤高の人生が語られる。

あの人に会いたい

大事なのは最初は学生が疑問を持つ 次に労働者が疑問を持つ 次にその嫁さんとかお母さんが 握り飯を握った時に世の中が変わる

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。