50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
鶴見俊輔 鶴見俊輔

鶴見俊輔哲学者・評論家つるみ しゅんすけ

戦後日本を代表する思想家の一人鶴見俊輔。日常の生活や大衆という視点を思想の中心に据え、独自の立場から日本人と日本社会を捉えなおし、様々な問題提起をし続けた。
鶴見俊輔は大正11年、東京生まれ。父・祐輔は作家でありリベラル派の衆議院議員。母方の祖父は東京市長の後藤新平。家名を重んじる厳しい母に反発、不良少年となった鶴見は旧制中学を2度退学。あげくの果てに自殺未遂を繰り返した。16歳になると父の勧めでアメリカに渡りハーバード大学に入学。哲学を学ぶ。日米が開戦すると交換船で帰国した。昭和18年、海軍軍属としてインドネシア・ジャワ島に赴任。敵国放送の翻訳などの仕事をした。この時の体験が鶴見の戦後における反戦運動の原点となる。国家やイデオロギーに振り回されず、自由な思索の場を作ろうと昭和21年、雑誌「思想の科学」を創刊。この雑誌を舞台に様々な分野の人達との共同研究の中から鶴見俊輔の思想は生み出されていく。戦後のあるべき姿を問い続けた活動は学問研究だけにとどまらず、ベトナム戦争反対運動など、社会に向かって積極的に発言し続けた。市民の思いに根差した哲学を追求し続けた人生が語られる。

あの人に会いたい

原爆に撃たれて負けた その敗者の記憶をしっかり受け止めるところから 日本の未来だけでなく人類の未来も出てくる

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。