50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
山内溥 山内溥

山内溥任天堂元社長やまうちひろし

「スーパーマリオ」などで知られる任天堂社長・山内溥。花札やトランプの製造販売会社から、任天堂を「ファミコン」などで世界的なゲーム機メーカーに育て上げた。社長在任52年間のカリスマ社長。独特な経営哲学とワンマン経営者として知られる。
山内溥は昭和2年、京都で花札やトランプを売る任天堂の創業者・山内房治郎の曾孫として生まれた。
後継ぎとして育てられ昭和22年、早稲田大学専門部法律科在学中に任天堂の取締役になり。2年後、22歳の若さで3代目社長に就任した。昭和30年代後半になると花札やトランプの需要が激減、経営危機を迎える。様々な室内玩具を創作販売した。しかし、ヒット商品が出ても2年3年と売り上げが続く事はなかった。そんな状況を一変させたのはマイクロコンピューター(マイコン)の登場だった。家庭用ゲーム機が飛躍的に普及。任天堂も数々の人気商品を生み出した。「娯楽に徹せよ、独創的であれ、身の丈を知れ」という山内社長の考えが、任天堂の企業文化を醸成していく。経営者として数多くの失敗と成功を経験した山内が最後に重んじたのは、任天堂の名の通り「運を天に任せる」ことだった。当たり外れの大きな娯楽産業の本質を捉え、どんなに成功しても自分の才覚と己惚れず、ひけらかさず、分をわきまえることだった。激烈な競争が続くアミューズメント業界で勝ち抜いてきた山内溥。ソフト重視を掲げ「ハード重視の会社には理解できないはず」と語る。

あの人に会いたい

我々のビジネスはかってなかったものを世の中に送り出すこと
従来あったものをマイナーチェンジするという考え方はダメ
そこでは何が必要になってくるかというと独創力です

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。