50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
柏戸剛 柏戸剛

柏戸剛第47代横綱かしわどつよし

第47代横綱・柏戸剛。立ち合い一気の押しで相手を圧倒する取り口で、大横綱大鵬と互角に渡り合い、柏鵬時代という大相撲の黄金期を築いた。
自分の体勢になるまで我慢してじっくり攻める「柔」の大鵬に対し、直線的豪快な相撲で「剛」の柏戸と称され人気を二分した。
柏戸は昭和13年、山形県櫛引町の裕福な農家の次男として生まれた。高校1年生の時、地域の相撲大会で優勝し、伊勢ノ海部屋から誘いの声がかかった。穏やかでのんびりした性格が心配されたが、それは杞憂だった。伊勢ノ海親方の短所には目をつぶり長所を徹底的に伸ばす指導法がおおらかな柏戸にぴったりはまる。将来の横綱と期待される力士に成長していった。しかしその後を猛追して来た力士がいた。2歳年下の大鵬である。初対決は昭和35年初場所。新入幕で11連勝の大鵬、その止め役とされたのが小結の柏戸だった。この日から二人はライバルとなり鎬を削る間柄となった。大鵬の「巨人・大鵬・卵焼き」に対し玄人好みの「大洋(三原)・柏戸・水割り」なる言葉も生まれる。昭和30年代後半から40年代、柏戸の活躍は、国民を元気づけ、時代のヒーローとなった。

あの人に会いたい

攻められて残ってまた俺が攻める 
またあいつが攻めて来る 大鵬が攻めて来る 
また残る 
やっぱりジンと来るものがなくちゃいかん

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。