50音から探す

あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
ら行
わ行
鈴木清順 鈴木清順

鈴木清順映画監督すずき せいじゅん

「理屈よりカン。難解なところがあっても、理解なんかされなくても、伝わるものは伝わるんだ」という信念を貫いた映画監督、鈴木清順。代表作『ツィゴイネルワイゼン』、『陽炎座』、『夢二』の三部作など、幽玄な世界を紡ぎ出す独特の映像表現は「清順美学」と呼ばれ、戦後日本の映画界に衝撃を与えた。飄々とした風貌の中に天性のひらめきを潜め、唯一無二の存在感を放つ俳優としても活躍した。1923年(大正12年)、東京の久松町(現中央区日本橋)生まれの‘下町っこ’。学徒動員でフィリピン・台湾を転戦後、復員。弘前大学卒業後、「食うために」映画界へ。松竹大船撮影所の戦後第一回助監督試験を受け、合格。助監督をつとめる中、昭和29年に請われて日活へ。1956年(昭和31年)「勝利をわが手に」を本名の鈴木清太郎名義で初監督。1958年(昭和33年)の「暗黒街の美女」で清順に改名し、以後、1959年(昭和34年)赤木圭一郎のデビュー作「素っ裸の年齢」をはじめ、1963年(昭和38年)の「関東の無宿」、1964年(昭和39年)の「肉体の門」、1966年(昭和41年)の「東京流れ者」、の「けんかえれじい」など、モダンで新鮮な色彩感覚と映像リズムによる独自の世界観を作り出し、一部に熱狂的なファンを獲得。その後、世界的に評価されるようになってからも、この時期の映画にファンが増える一方である。しかし当時は、「映画は理屈じゃないんだ」という強気の姿勢と、その先進的な映像世界が一般的でないとして、1965年(昭和42年)『殺しの烙印』を機に日活を解雇され、映画上映会他への映像の貸出も禁じられた。このことは「鈴木清順問題共闘会議」等社会問題にも発展したが、約10年にも及んで映画を撮ることが出来なかった。が、この空白の時間が、他の誰にも描けない世界を熟成させる。第二の出発点ともなる1980年(昭和55年)の『ツィゴイネルワイゼン』。難解だが耽美。「私の考えは、映画は‘撮ったっきり’ということ。封切館でかかったらそれで終わりと。だから映画は‘滅びの美学’だと思っていた」「花火のように華々しく、ぱっと開いてぱっと散る。映画はそういうもの」。‘映画に理屈は不要だ’という信念を貫き、詩的で幽玄な世界を描く一方、コミカルな娯楽映画も進んで手がけた。「ともかく私の場合はね、映画は面白くなきゃいけないってのが大事なの」。

あの人に会いたい

本当は美なんてものも有るのか無いのかなんてことも、わからない。
だから、その有るか無しかの美を、何となく探しているのが映画なんだ。
たまさかの美というのは、そういうもの。

ドラマ みちしるべ

作:井沢満/出演:鈴木清順、加藤治子/ワゴン車を住まいにして旅する老夫婦。妻は足が不自由だが、2人だけの気ままな旅。時にふと死の予感におののき、沈黙の時が流れる。そして、妻の死。夫は今からが本当の孤独である。

作:井沢満

その他の出演番組を見る ※類似の氏名が検索される場合があります。
一覧から探す

敬称略

」の検索結果(0件)

お探しの検索条件では見つかりませんでした。
人物名を入れてください。