善通寺駅

四国で最も古い駅舎
  • 香川県
  • 主な撮影地:善通寺市文京町
香川県の北西部、弘法大師のふるさととして知られる、善通寺(ぜんつうじ)。善通寺駅は、香川の多度津を起点に高知の窪川までをつなぐ土讃線にあります。駅舎はJR四国で最も古く、明治22年開業の駅が大正22年に増築されたもので、その後も修繕をしながら現在まで使われています。駅舎は瓦ぶきの屋根に寄棟造を本屋として、切り妻造でハーフティンバー風の車寄ポーチを張り出てしており、和風と洋風建築が混在した趣があります。平成14年にその歴史的な価値が認められ、駅舎とともにプラットホームにある木造小屋組の部分と跨線橋(こせんきょう)が登録有形文化財になりました。

(この動画は、2009年に放送したものです。)