小松島線

国鉄で最も営業距離の短かった路線
  • 徳島県
  • 主な撮影地:小松島市中郷町
小松島線は、中田駅から小松島港駅までを結ぶ1.9Kmの国鉄で一番営業距離の短い路線でした。この路線は兵庫と小松島間を定期運航していた阿波国共同汽船が小松島と徳島市を結ぶために敷設、大正2年(1913)に竣工するとすぐに国有化されました。大正11年(1922)に路線名が小松島線となり、その後小松島駅構内に小松島港仮乗降場を作り路線を延伸開業。昭和36年(1961)には、徳島~中田間が国鉄牟岐線に編入され、小松島線は残った1.9Kmの営業路線となりました。昭和60年(1985)3月に廃止となり72年の歴史に幕を閉じました。小松島駅跡は整備され公園となり、路線跡は市民の遊歩道として残っています。

(この動画は、2011年に放送したものです。)