堀江盆踊唄

大阪の民謡
  • 大阪府
  • 主な撮影地:大阪市西区
大阪・西区堀江の芸子が、地蔵盆に阿弥陀ヶ池のそばに造った舞台で団扇を持って踊ったのが「堀江盆踊唄」です。かつて地蔵盆には、各露地にある地蔵の前で尼僧が百万遍を唱え、豆やあられを配って子どもたちに踊らせ、夜更けになると大人も交じって踊ったということです。
【歌詞】
ソレエーソレエー エーノヤットヤ(ヨーイヨイヨイ)かんてき割った擂鉢割ったエーノー叱られた(おかしゅてたまらん)ソレ西瓜ソレまっかエーノー焼けなすび(食いたい食いたい)ソレ堀江ソレ廊オーエノさと景色(真心真心)
竹にサーエー ヤッチキドシタイナーオサ 竹に雀は品よくとまる(ヨーイノヨイヨイ)とめてサーエー ヤッチキドシタイナーオサ 止めて止まらぬコイツァマタ色の道(ヨーイヨーイ)色でナーエー ヤッチキドシタイナーオサ 色で迷わす浅漬けなすび(ヨーイヨイ)