絵金~幕末の絵師

夏の夜を飾る怪しげな屏風絵~高知県赤岡町
  • 高知県
  • 主な撮影地:香南市赤岡町
高知県・赤岡町。夏の夜、怪しげな屏風絵が商店街に並びます。「絵金」と呼ばれた幕末の絵師によって描かれた芝居絵で、浄瑠璃や歌舞伎を題材にしています。町人の贅沢や娯楽が禁じられていた時代、屏風絵は人々の密かな楽しみでした。今では年に一度、夏祭りの夜に、それぞれの家が所有する絵金の作品を軒先に飾ります。絵金独特のおどろおどろしい幽玄の世界が、蝋燭に灯され暗闇の中に浮かび上がります。

(この動画は、2014年に放送したものです。)