阿蘇の涌き水

熊本の大地を潤す火の山の贈り物
  • 熊本県
  • 主な撮影地:熊本市中央区水前寺
74万人が暮らす、肥後の国・熊本。澄みきった水に恵まれ、街の至るところにみられる湧き水は、市内に40か所以上。その量は、1日60万トンを超えます。清らかな水がやってくるのは、市内から40キロほど離れた火の山・阿蘇山(あそさん)。 火山灰の地層にしみこんだ雨水が、20年という長い時をかけて湧き出し、熊本平野を潤します。熊本市は50万人以上の暮らす自治体では、全国で唯一、水道水をすべて地下水でまかなっています。涌き水の恩恵はセリ農家にも。 本来セリがおいしくなるのは春先ですが、市内の画図(えず)地区では、水温18度の温かい地下水のおかげで11月には出荷できます。
(この動画は、2017年に放送したものです。)