ホーム » ニュース映像 » ニュース映像 第15号

ニュース映像ニュース映像

ニュース映像一覧へ戻るニュース映像一覧

タイトルタイトル: 日本ニュース 第15号
公開日公開日: 1940年(昭和15年)9月17日 ニュース映像について

チャプター

[1]1 チャプター1 国交交渉を了して或日の阿部、汪両氏  02:03
[2]2 チャプター2 切符制実施を前に大量の木炭待機  01:11
[3]3 チャプター3 二千六百年式典場上棟式<週間手帳>  00:43
[4]4 チャプター4 第一回産業体育陸上競技大会<週間手帳>  00:43
[5]5 チャプター5 ハンググライダー試験飛行<週間手帳>  00:34
[6]6 チャプター6 我等の娯楽は我等の手で  02:07
[7]7 チャプター7 初秋の新戦場に山砲隊血の進撃  01:42

チャプター

1
2
3
4
5
6
7
公開日公開日: 1940年(昭和15年)9月17日

ニュース映像について

再生テキスト再生テキスト

日支国交調整の重大使命を果たした阿部、汪精衛(おうせいえい)両代表委員の、のどかなひとときであります。カメラはまず、南京の帝国大使館に我が阿部全権大使を訪れました。条約の仮調印が終わったとはいえ、大使の身辺はまだいろいろと忙しい。そして仕事の合間に爽(さわ)やかな秋空のもと、庭の芝生に出て、会員らと競技にうち興じ、忙中閑ある我が阿部大使の悠々たるひとときであります。
国民政府行政院内、孫文の面影を日夜仰いで、正しい東亜の建設にわが国と協力、寧日もない汪精衛氏も仮調印の重き責務を果たして安堵の色を浮かべながら、チョ民誼(みんぎ)氏を招いて政務に忙殺されています。
やがて仕事から解放された汪精衛氏は、チョ民誼氏のカメラに収まりながら、林柏生(りんはくせい)らをうち連れ、庭のテーブルを囲んで団らんのひとときを過ごしました。

木炭の切符制は、この11月から東京をはじめ、全国13大都市に実施されることになりましたが、木炭増産の国策に協力をする各産地では、青年団、学生団等の奉仕隊も出動し、寒い冬を控えて目の回るような忙しさをみせています。
全国で1年間に消費する木炭はおよそ6億貫に達しますが、しかしこれは工業が盛大になり、さらにガス用木炭の需要もあって、全体としては木炭の需要は今後ますます増加する傾向にあります。
ところで、全国6億貫のうち、その3分の1足らずが産地から13大都市に出回り、これを政府が買い上げて切符で配給、闇取引を厳重に防止して国民一人一人に寒い思いをさせまいという政府の親心がこの11月から行われる木炭切符制であります。国民としても、この冬は例年より寒いのを覚悟して、政府に協力することが望まれています。

錦秋の秋を飾る政府主催の紀元2600年式典の議場として去る8月7日、起工式を行った宮城外苑の式場建築設備工事は、10月の末までには竣工(しゅんこう)の予定といわれますが、去る9月13日午前10時から関係者参列して、まず上棟祭を挙行。早くも二重橋より緑の松に、神殿風大式殿の概容がくっきりと浮かび上がりました。

第1回産業体育陸上競技大会は9月16日、神宮競技場で挙行。都下800工場から選ばれた鉄の戦士ら6800は、紺碧(こんぺき)の秋空の下に集い、壮麗なマスゲームをもって運動の幕を切って落とし、競技場いっぱいに汗と油で鍛えあげた産業日本のたくましくも力強い豪華絵巻を繰り広げました。

40年前、ドイツ航空界の先覚者オットー・リリエンタールが飛んで、尊い犠牲となったグライダーと同じようなハンググライダーが最近、オオクボ滑空士によって考案され、去る9月9日、鳥取市で試験飛行が行われました。補助員の力を借りて、砂丘を助走すること約20mの後、強風に向かって離陸し、上昇3mの高度で約20m、繰り返し繰り返し飛び上がりました。目方はわずか20kg。背負って一人で走れるという軽便なものであります。

工場や農村に汗みどろとなって働く人々の生活向上純化を目指して、彼ら自らの手で娯楽を創り出そうという勤労者演劇研究会では、その第一着手として、9月15日の日曜日、本庄の栗原紡織会社講堂で第1回研究会を行い、イノウエマサオ氏が先生となり、各工場の会員を集め、お得意の「トミオカ先生」を上演。扮装の仕方から台詞の言い回しなど、演出の細部に渡って親切丁寧に指導しました。

(上演、指導の様子)

戦場至る所、赫々たる武勲を立て、幾たびか感状を賜った名誉の部隊、カワグチ隊、オガサワラ隊は、去る9月10日、広東東北郊の高地に蠢動(しゅんどう)を続ける、敵152個師を奇襲すべく、山砲を解体し、汗と埃にまみれつつ、峻険(しゅんけん)な山地を前進。南支灼熱の太陽は赫奕として勇士の五体を直射し、その労苦、筆舌に尽くしがたきものがあります。
かくて前進また前進するうち、突如、前面山上に陣を張る敵と遭遇。わが一部徒歩部隊は山上に展開してひた押しに肉迫。これが殲滅(せんめつ)戦を敢行し、銃砲声は山野を圧して壮絶を極めました。

(銃撃戦の様子)