ホーム » ニュース映像 » ニュース映像 第17号

ニュース映像ニュース映像

ニュース映像一覧へ戻るニュース映像一覧

タイトルタイトル: 日本ニュース 第17号
公開日公開日: 1940年(昭和15年)10月1日 ニュース映像について

チャプター

[1]1 チャプター1 世紀の契固く日独伊同盟成る  03:08
[2]2 チャプター2 航空日本三十年銀翼の祭典  01:51
[3]3 チャプター3 時局色豊かに美術の秋展く  01:25
[4]4 チャプター4 街に描く隣組の活躍  01:56
[5]5 チャプター5 独空軍の猛爆下凄絶のロンドン  01:55

チャプター

1
2
3
4
5
公開日公開日: 1940年(昭和15年)10月1日

ニュース映像について

再生テキスト再生テキスト

《近衛首相》
「今回、政府は世界歴史の一大転換期に際し、かしこくも天皇陛下の広大無辺なる聖旨を仰ぎ奉り、ドイツおよびイタリー三国条約を締結し、世界恒久の平和と進歩とのため、協力邁進(まいしん)するに決したのであります。」

近衛首相の言葉のように、日独伊三国条約は9月27日、日本時間で午後8時15分、ベルリンにおいて調印を終わり、世界新秩序の旗幟(きし)も高く、がっちりと腕を組んだ三国条約発表の歴史的な夜、麹町外務大臣官邸で意義深い条約成立の祝賀会が盛大に挙行されました。松岡外相、東条陸相、星野無任所相、白鳥顧問、オットー・ドイツ大使、スターマー公使、インデルリ・イタリア大使らが、相次いで颯爽(さっそう)と姿を現れば、官邸の会場にはこの歴史的な夜にふさわしい感激と興奮が、いやがうえにも高まっていきました。

《松岡外相》
「今回のこの条約は世界平和を招来する第一着工として締結せられたのであります。旧秩序の墨守は真の平和を樹立する道では断じてありません。万邦、各々(おのおの)その所を得、万民、各々(おのおの)その途に安んじてこそ、国際社会は初めて安定するのであります。今回の条約は、この大眼目のもとに、まず日独伊三国が大東亜およびヨーロッパにおける新秩序の建設に協力し、さらに進んでは、この三国と志を同じうする国と提携し、もって全世界の国家と人民に永久の平和を協約せしむるために締結されたのであります。」

松岡外相の力強い挨拶に続いて、オットー・ドイツ大使の発声で天皇陛下の万歳を三唱しました。

《オットー・ドイツ大使》
「天皇陛下、万歳」
<一同>
「万歳」
《オットー・ドイツ大使》
「万歳」
<一同>
「万歳」
《オットー・ドイツ大使》
「万歳」
<一同>
「万歳」

輝く紀元2600年を祝い、国民航空の歴史的大飛躍を目指す青空の祭典、第1回航空日は9月28日、華々しく挙行。日本全国を航空ひと色に塗りつぶし、代々木練兵場においては、東日・大毎主催の模型航空機競技大会が開かれ、大に国民の空への関心を高めました。
また、街頭においては読売新聞社主催の市内行進が挙行され、日独伊三国同盟に歓喜沸く帝都の町々を、航空報国の旗幟(きし)も高らかに堂々と行進し、京橋、昭和通り、日本橋から九段へ、かくて靖国神社に参拝。護国の英霊に感謝の誠を捧(ささ)げました。
さらに羽田の東京空港を中心とした帝都の空には、朝日新聞社主催の航空ページェントが開催され、精鋭機に混じって悠々と飛ぶ、今は見慣れぬモーリス・ハルマン機を眺めては、航空機発達のめざましさに目を見張らせ、いよいよ待望の飛行演習に入るや、羽田の秋空は轟々(ごうごう)たる爆音に揺り動かされ、支那事変でおなじみのE16型機も上空に乱舞。
かくてこの日、羽田空港は、陸鷲の乱舞と爆弾投下の轟音(ごうおん)のうちに記念すべき1日を終わりました。

柔らかな日差しをうけて、絵画の、あるいはまた彫刻のアトリエに、真摯(しんし)な制作が続けられています。10月の初めから開かれる2600年奉祝美術展覧会を控えて、美術の秋のひそやかな訪れ。しかしそのうちにも、輝く年の建設の息吹きが、作者の心を通して力強く描き出されていきます。
秋の奉祝展覧会審査の日。石井、有島、正宗氏らの各審査員の厳しい目に選び出された第2部洋画の入選は総数738点でありました。また彫塑においても、山崎、朝倉氏らの各審査員によって搬入された作品の厳しい選抜が行われました。
こうして厳選をされた各力作は、秋の上野を飾る奉祝美術展覧会に陳列を終わり、我が国最高美術の華を咲かせることになりました。

防空訓練を控えて、隣組の活動が町々に展開され、麹町一番町では今度、一軒でひもを引けば、四町四方に鳴り響くサイレンを取り付けました。
これは中野の野方町。防空壕は私たちの手で、と隣組の奥さんや娘さんを動員して、もんぺ姿もかいがいしく、防空壕を作りました。一朝有事の際は、年寄り子どもを避難させる若い者のうれしい心意気であります。
近代都市に族生をしたたくさんのアパート。そのアパート生活者も隣組に呼応して、活発な活動を始めました。これは麻布の笄(こうがい)荘アパートの特設防護団の活躍です。同宿の婦人、学生、サラリーマンなど130名を動員して初めてのアパート防空訓練が行われました。

(歌)
とんとんとんからりと隣組
地震や雷 火事 泥棒
互いに役立つ 用心棒
助けられたり 助けたり

この非常時に空き地だからといって遊ばせておくのはもったいない話です。そこで空き地を利用して、有益な菜園を作ろうという運動を起こしましたが、川崎の大島町では、その運動に先鞭(せんべん)をつけて隣組共同菜園のつまみ菜がもうこんなに大きくなりました。
今からでも遅くはない。高田町の隣組では、空き地開墾に懸命な活躍を開始。このように生活の新体制は各所に頼もしい発展をみせていきます。

けたたましいサイレンの響き。またしてもロンドン全市に空襲警報が布(し)かれました。イギリスの戦闘機を破り、阻塞気球網(そさいききゅうもう)を突破したドイツ爆撃部隊が、ロンドン上空に姿を現しました。一斉に砲門を開いた防空部隊の高射砲の弾幕をくぐって、ドイツ機は勇敢にも低空爆撃あるいは急降下爆撃を敢行。ロンドン中心地帯に巨弾の雨を降らせ、全市を恐怖と戦慄の渦中に投じ、いまやロンドン最期の日を思わせるに至りました。

(爆撃の様子)

ドイツ軍の爆撃によって市内各所に火を発し、消防隊必死の消火作業も、次々と襲来するドイツ機の爆撃によって進捗せず、ロンドンはまさに廃墟と化さんとしています。
詩人ミルトンの像もこの爆撃を受けて、街路上に転落。かくてドイツの攻撃の前にイギリスの憂色は次第に深まっていきます。