ホーム » ニュース映像 » ニュース映像 第43号

ニュース映像ニュース映像

ニュース映像一覧へ戻るニュース映像一覧

タイトルタイトル: 日本ニュース 第43号
公開日公開日: 1941年(昭和16年)4月1日 ニュース映像について

チャプター

[1]1 チャプター1 畏くも大元帥陛下陸航士卒業式に行幸  02:13
[2]2 チャプター2 波荒き洋上に巣立つ海の精鋭  01:44
[3]3 チャプター3 和平の光明輝き還都一周年の慶び  01:06
[4]4 チャプター4 米国海軍の新兵大量生産  01:19
[5]5 チャプター5 海豊縣城奇襲援蒋ルート覆滅  01:23
[6]6 チャプター6 いよいよ始まった国民学校  02:27

チャプター

1
2
3
4
5
6
公開日公開日: 1941年(昭和16年)4月1日

ニュース映像について

再生テキスト再生テキスト

陸軍航空士官学校第五十四期生徒卒業式は、かしこくも天皇陛下の行幸を仰ぎ奉り、3月28日埼玉県豊岡の同校において厳粛にとり行われました。この日、狭山原頭燦(さん)たる新葉に映えて、快晴の飛行日和。仰げば一段高き玉座に凜然(りんぜん)たる陛下の御英姿を拝して、寺倉校長の指揮刀一閃(いっせん)、陛下親臨の光栄に勇み立つ卒業生は、晴れの御前に妙技を展開。
終わって、陛下には御少憩の御後、卒業証書授与式場に親臨あらせられました。
かくて陛下には陸の若鷲練武のこの地に、かしこくも「修武台」の御命名を給い、修練に一段の力を注げよとの御叡慮を示させ給う。学校当局、県民を挙げて皇恩の浩大に恐懼(きょうく)感激し、いよいよ銃後の奮闘を固く、固く誓い奉りました。 

海軍兵学校第六十九期生、晴れの卒業式は3月25日、かしこきあたりより御差遣の久邇宮朝融王殿下の台臨(たいりん)を仰ぎ、及川海軍大臣、新見兵学校長、日比野呉鎮守府長以下臨席の下に行われ、感激にむせぶ優等卒業生6名に対して、恩賜品を御下賜あそばされました。
晴れの卒業式を終わった卒業生一同は、ここに憧れの士官服に身を固め、あっぱれ士官候補生となります。
親しく教えを受けた教官に、懐かしの学友に、また父や母、兄、弟に別れの挨拶を交わす。送る者、送られる者、ただ感激のひとときであります。
かくて若き士官候補生は波荒き洋上に颯爽(さっそう)と乗り出し、試練の航海につきました。海国日本を背負って立つ海の精鋭に栄光あれ。

新生国民政府が和平反共の大旆(たいはい)をかざして、南京に還都して以来、たゆみなき建設、ここに満一年、南京還都一周年記念祝典は春たけなわの3月30日、2億民衆の心からなる歓喜のうちに、盛大に挙行されました。慶びの首都南京では記念典礼をはじめ、数々の慶祝行事が繰り広げられ、式後、汪主席は中央軍官学校における国軍閲兵式に臨み、第一方面軍総司令、任援道(にんえんどう)将軍の指揮する首都警衛旅学生隊と3千の精鋭部隊を閲兵、たくましい建国絵巻を展開しました。
かくて南京の慶祝気分は最高潮に達し、汪主席以下僚下一心、建設第二年への決意を新たにしました。

ここはロードアイランド、ニューポートの水兵訓練所。午前5時半、鳴り渡る起床ラッパとともに、お尻をたたかれてベッドから目を覚まします。軍拡に狂奔するアメリカが今度両洋艦隊の整備のため新しく30万の水兵を養成することになり、これはその第一回の募集兵で、毎月8800人の志願者が集まって来ます。
アメリカで最も古い練習艦コンステレーション号で、デッキの掃除をみっちり仕込まれ、水兵第一課から始まって、2ヶ月たつと一人前の水兵さんとなって卒業するという、超スピードの速成水兵ができあがります。
果たしてこの速成水兵さん、どこまでお役に立つか。ともあれ、アメリカが軍拡へ、参戦へと驀進(ばくしん)する一端を知ることができます。

南支沿岸一帯にわたり、大規模な奇襲上陸を敢行した我が軍は3月24日未明、海豊県城をめがけて汕尾西方海岸より無血上陸を行いました。コジマ、コバヤシ、クラバヤシ、モリズミらの精鋭は意気軒昂(けんこう)、電撃的に、海豊汕尾航路を進撃しました。
付近にいた住民は無辜(むこ)の領民を傷つけぬ我が軍を信頼して一人も逃げず、厳然たる皇軍の勇士を見送っています。
海豊はこの地方の政治の中心で抗戦4年、いたずらに抗日気勢を挙げておりました。我が軍の市内掃討によって弾薬1万発、小銃数百、拳銃、機関銃を鹵獲(ろかく)。さらにガソリン、セメントなど抗日拠点成都行きと記されたアメリカ、イギリスからの援蒋物資多数を押収しました。かくてこの地方の援蒋輸血路は完全遮断され、抗日にあえぐ重慶政権に大鉄槌を加えました。

4月1日から全国の小学校が一斉に国民学校となり、国民教育の制度と内容が改善刷新されました。この国民学校の目的は教育勅語の御趣旨を奉体(ほうたい)して、報国の道を修めさせ、忠良な日本国民を育てることです。改善の画期的な点は義務教育年限を8年制とし、国民、理数、体錬、芸能、実業の5課を設けて国体に対する信念を確立し、合理創造の精神を養い、剛健な心身を鍛錬し、情操と技能を醇化(じゅんか)し、産業報国の実践力養成を期した点であります。ではどんな風に勉強しているか、その教室をのぞいて見ましょう。

(先生)「今日は皆さんにきれいな絵を見せてあげましょうね。」
「あ、きれいだなあ。」
「あ、桜が咲いてらあ。」
「体操だ。」
(先生)「これは何をしているところの絵でしょう。」
「体操!」
「ラジオ体操!」
(先生)「そうそう、ラジオ体操ですね。ラジオ体操をやるときには何ていいますか?」
「1、2、3、4、5、6、7、8。」
「そうですね。大変お上手でしたね。今日はその半分、もっとながーく、しっかり『いーち、にー、さーん、しー』。言ってみましょう、はい。」
「いーち、にー、さーん、しー。」
(先生)「そう、お上手ですね。たかあきちゃん言ってごらんなさい。」
「いーち、にー、さーん、しー。」
(先生)「はい、上手ですねえ。じゃあさこだくん言ってごらんなさい。
「えーち、にー、さーん、しー。」
「『えーち』じゃなくて、もっと歯をつけて『いーち』と言ってごらんなさい。」
「いーち、にー、さーん、しー。」
「そう。そう上手ですねえ。」

解説解説

【1番目、畏くも大元帥陛下陸航士卒業式に行幸】
春をむかえ卒業の季節。日本ニュースも冒頭、陸軍航空士官学校と、海軍兵学校の卒業の話題を伝えている。
【3番目、和平の光明輝き還都一周年の慶び】
汪兆銘政権の南京還都一周年記念祝典。汪兆銘は重慶の中国国民政府を離れ、日本との間で政権樹立工作を進め1年前に、中華民国国民政府主席として「南京遷都」を宣言した。
【4番目、米国海軍の新兵大量生産】
中国国民政府の国軍3千人の閲兵式を「たくましい建国絵巻」と伝えた後が、アメリカ海軍の水兵訓練所。毎月8800人が志願し、30万人を養成するとある。しかし、古い練習艦でのデッキ掃除や、「この速成水兵さん、どこまでお役に立つか。」といったコメントがついている。
【5番目、海豊縣城奇襲援蒋ルート覆滅】
これまでも度々報じられてきた援蒋ルート覆滅のニュース。毎回伝えられるということは、援蒋ルート遮断の困難さがうかがえる。
【6番目、いよいよ始まった国民学校】
「教育勅語の御趣旨を奉体して、報国の道を修めさせ、忠良な日本国民を育てること」を目的に小学校が国民学校となった。国家総動員体制を維持するうえで、児童からの「教育」は大きな意味を持っていた。