ホーム » ニュース映像 » ニュース映像 第161号

ニュース映像ニュース映像

ニュース映像一覧へ戻るニュース映像一覧

タイトルタイトル: 日本ニュース 第161号
公開日公開日: 1943年(昭和18年)7月6日 ニュース映像について

チャプター

[1]1 チャプター1 上海共同租界 還付調印成立  01:21
[2]2 チャプター2 吾が潜水艦 盟邦独逸訪問  01:47
[3]3 チャプター3 寺内総司令官元帥に<大東亜建設譜>  00:25
[4]4 チャプター4 ジャワ日本留学生訓練所<大東亜建設譜>  00:50
[5]5 チャプター5 印度独立連盟 比島支部<大東亜建設譜>  00:41
[6]6 チャプター6 革命記念日にピブン首相閲兵<大東亜建設譜>  01:22
[7]7 チャプター7 バンコック国庫貯金銀行 富くじ発売<大東亜建設譜>  01:00
[8]8 チャプター8 タイ芸術局直営女学校の勉強風景  02:11

チャプター

1
2
3
4
5
6
7
8
公開日公開日: 1943年(昭和18年)7月6日

ニュース映像について

再生テキスト再生テキスト

上海共同租界こそは、米英の飽くなき野望の象徴であり、また彼らの東亜侵略の基地でもありました。100年の久しきにわたる中国民衆塗炭(とたん)の苦しみも今は昔。6月30日、南京において日華基本条約改訂に基づき、上海共同租界行政権回収に関する取り決め、および了解事項の調印式が、日本側谷中華大使、中国側チョ民誼外交部長との間にとり行われました。今回の上海共同租界の撤収は、真に中国解放を念願する帝国が、大東亜建設の道義性と実効性を余すところなく表したものとして、意義深いものがあります。

太平洋にまたは灼熱(しゃくねつ)のインド洋を舞台に、ところ狭しと荒れ回る吾が潜水艦の猛威は、敵を全く沈黙せしめていますが、さらにその余裕を示して、作戦の途次(とじ)はるばるドイツを訪れ、帝国海軍のため万丈の気を吐きました。この壮挙に応えて、ゼーニク潜水艦隊司令官らが出迎え、乗組員一同の輝かしき業績を心から讃えたのであります。
ドイツ海軍、心づくしの歓迎会。同じ目的に固く結ばれた両国海軍の将兵は、その戦場こそ異にすれ、相携えて米英完全屈服のその日まで、大西洋のはたまた西南太平洋の荒波を蹴(け)って、ともに戦い抜かんことを誓い合ったのであります。

さる6月21日、元帥の称号を賜った南方方面陸軍最高指揮官寺内大将は、前線においてご覧の通り元気で、作戦ならびに軍政指導に奮闘せられております。

将来、ジャワを背負って立つ訪日学生たちは、ジャカルタにおいて連日猛訓練を受けております。すでに第一陣は日本に到着しましたが、その後、かくのごとき有為(ゆうい)な青年たちが続々と訓練所に入所しているのは、頼もしき限りであります。

「綱領。」「綱領。」
「我ら。」「我ら。」
「ジャワ留日学徒隊は」「ジャワ留日学徒隊は」
「道を日本に求め」「道を日本に求め」
「規則を練り」「規則を練り」
「大日本指導のもと」
「大日本指導のもと、大東亜戦線に、精進せんことをせり」

6月27日、マニラ市においてインド独立連盟比島支部大会が開催されました。東條首相、今回の声明に感謝し、決起したインド人たちは、独立完遂に邁進(まいしん)せんとの誓いを新たにしました

新しいアジアに目覚めた泰国に、再び巡り来る革命記念日。6月24日の首都バンコク。連邦記念塔前広場を、ピブン首相の閲兵を受けつつ、堂々行進する泰の若人。
泰国青年運動の先駆け、ユアチョン、ユアナリの隊列が行く。多感なるかな、新興泰国。

ここはバンコク国庫貯蓄銀行。アジアの盟主日本とともに、敢然米英撃滅の聖戦に参加した泰国国民も、戦費調達に一役買って貯蓄報国。ロッタリーと呼ばれる富くじも、かいがいしい女官吏(かんり)の手によって、飛ぶように売れていきます。ここにも戦時下泰国の横顔が見られます。

芸術の国泰国は、決戦下といえども優れた自国の芸術保護には、綽々(しゃくしゃく)の余裕を示しています。ここ芸術局直営の女学校では、うら若い泰の乙女らが音楽の基本修練に余念もありません。こちらの教室では、泰の古典詩の朗読のおけいこが始まっています。
シルパコーンの名で知られている古典舞踊。この南国の調べに乗ったたぐいなき魅惑的な踊りも、このような厳格な基本訓練を必要とします。薫り高きアジアの芸術文化も、また大東亜建設に欠くことのできぬものでありましょう。