ホーム » ニュース映像 » ニュース映像 第168号

ニュース映像ニュース映像

ニュース映像一覧へ戻るニュース映像一覧

タイトルタイトル: 日本ニュース 第168号
公開日公開日: 1943年(昭和18年)8月24日 ニュース映像について

チャプター

[1]1 チャプター1 比島の稲の収穫<躍進する大東亜建設>  01:01
[2]2 チャプター2 ニューギニア水稲の初収穫<躍進する大東亜建設>  01:32
[3]3 チャプター3 マヅラ島の天日製塩<躍進する大東亜建設>  00:55
[4]4 チャプター4 ジャワ漁業指導船<躍進する大東亜建設>  00:51
[5]5 チャプター5 中国機械工場生産増強<躍進する大東亜建設>  00:44
[6]6 チャプター6 比島綿紡績工場<躍進する大東亜建設>  00:50
[7]7 チャプター7 セレベス木造船建造<躍進する大東亜建設>  00:30
[8]8 チャプター8 ビルマ造船所で象活躍<躍進する大東亜建設>  00:50
[9]9 チャプター9 ジャワ鉄鋼船進水<躍進する大東亜建設>  00:34
[10]10 チャプター10 昭南の浮きドック引き上げ<躍進する大東亜建設>  01:22

チャプター

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
公開日公開日: 1943年(昭和18年)8月24日

ニュース映像について

再生テキスト再生テキスト

日を追うて熾烈(しれつ)となる決戦に平行して大東亜の建設はたくましく進められています。独立間近いフィリピン。今まで食糧を輸入に待っていたフィリピンも、来るべき栄光の希望に応えて米の増産に努め、食糧の自給自足を目指して戦っております。

南の第一線ニューギニア。今まで米の作り方さえ知らなかった原住民たちは、日本の兵隊さんの指導によって、米の生産にこんな見事な成果を見せました。木陰に涼を求めて原住民もともに、水にのどを潤す憩いのひととき。水牛もうだるような炎天もなんのその。開墾された土地は直ちに耕されて、原住民はまた野菜の栽培法も教えられています。今流す汗の食糧自給。これだけでも共栄圏建設へ、大きな協力を果たしているのです。

ジャワの北、スマトラの東に位するマヅラ島は、世界でも指折りの塩の産地です。強い南の日差しをいっぱいに受けて、内地では想像もつかぬ大仕掛けな塩田に、今マヅラ島の人々は、共栄圏の塩は自分たちでと、増産にすごい馬力のかけようです。

ジャワの人々にも優れた日本の漁業法を教えようと、この頃、ジャワでは漁業指導船が活躍しております。豊かな資源に加えて、さらに新しい漁業法を会得して、ジャワの漁師たちは元気いっぱい。食糧増産に大わらわです。

大東亜共栄圏の一翼として力強い歩みを見せている中国の産業界は、日本に続けと増産総進軍運動が開始されました。新中国を建設するため男も女も、増産を目指して懸命に働いています。

アメリカの政策によって長い間圧迫されていた比島の綿糸工業が、日本の指導のもとに立派に育とうとしています。最新式の設備を取り入れた紡績工場では、働く喜びに立ち上がった多くの比島女性が、鮮やかな手並みで機械を操る。そして見事な布地が次々と生産されていきます。東亜共栄圏の需要を満たすべく誰も彼も一生懸命です。

船を作ろう。海に囲まれた共栄圏。船がこの広い共栄圏を固く結びつける。内地はもとより南の各地に、船の建造が今盛んに行われています。

ことに南では、豊かな資材と労力に恵まれて、木造船が次から次へと作られております。ここでは象までも一役買って、いかにもビルマらしい造船風景です。共栄圏の建設は船の力に待つところが大きい。一隻でも多くの船を造ろう。現地も内地も力を合わせて船を作ろう。

盛んな木造船の建造と並んで、ジャワではこのほど素晴(すば)らしい鋼鉄船が進水いたしました。このような堂々たる鋼鉄の船が進水したのは、ジャワでは初めてのことであります。

シンガポールが陥落するとき、イギリスが沈めた大きな浮きドック。このドックも海底にあること1年7ヶ月。我が優れた技術は、見事この引き上げに成功しました。ドックと一緒に沈んでいたイギリス軍の鉄兜(てつかぶと)は、当時の敗戦の狼狽(ろうばい)を如実に物語っております。これで現地の船舶修理はいよいよあがり、海上交通に一段と能力を加えることでありましょう。いまや敵の呼号する総反攻を尻目に、皇軍の守りはいよいよ固く、決戦に次ぐ決戦に並んで、共栄圏の建設は日一日と躍進しております。