ホーム » ニュース映像 » ニュース映像 第187号

ニュース映像ニュース映像

ニュース映像一覧へ戻るニュース映像一覧

タイトルタイトル: 日本ニュース 第187号
公開日公開日: 1943年(昭和18年)12月28日 ニュース映像について

チャプター

[1]1 チャプター1 決戦第三年  00:35
[2]2 チャプター2 陸海荒鷲 カルカッタ爆撃行  07:28

チャプター

1
2
公開日公開日: 1943年(昭和18年)12月28日

ニュース映像について

再生テキスト再生テキスト

≪字幕テロップ≫
「決戦第三年
洋上雷雲低く乱れ飛ぶとも、誓って米英撃滅の大業に邁進せん
東海の日出づる国に生を享けし吾等、幸いなる哉
皇紀二千六百四年」

帝国陸海軍航空部隊の精鋭は緊密なる共同のもとに12月5日、インドの敵要衝カルカッタに対し豪快なる爆撃行を敢行す。このたびの空襲は米英が西南太平洋方面と呼応して一挙にビルマを奪回せんものと、営々としてこの地に集積した軍事資材を徹底的に覆滅せんとして行われたものである。この日、戦爆連合海鷲の大編隊は久方ぶりのカルカッタ爆撃に勇躍、基地を出発。快晴に恵まれ、絶好の飛行日和である。
カルカッタ上空。ハリケーン我に挑戦せるもこれを一蹴(いっしゅう)。全弾は見事に目標に吸い込まれてゆく。かくて我が軍はキタポール・ドック、および付近の軍事倉庫6か所を爆破炎上、輸送船4隻撃破炎上、撃墜19機の大戦果を挙げ、完全に敵の企図を覆滅したのであります。
敵状偵察を終えて帰った、我が偵察機。海鷲の奇襲攻撃に間髪(かんぱつ)を入れず、この日、陸軍航空部隊もまた戦爆連合の大編隊をもってカルカッタ上空に進攻す。

(出撃の様子)

金色に輝くパゴタをはるか眼下に、一路カルカッタ目指して殺到してゆく。

(出撃の様子)

アラカンの険を乗り越え、白雲縫って堂々と鵬翼をはる、我が陸鷲の威容。
ついに、目指す敵上空に達す。たちまち上がる敵高射砲の弾幕。満々たる闘志漲(みなぎ)る我が陸鷲は、敵戦闘機対空砲火の真っただ中を敢然、目標目指して突っ込んでゆく。
我が必中弾を受けた敵機の末路。狼狽(ろうばい)の極、なすすべを知らぬ敵の混乱を尻目に、我が荒鷲は全弾を投下。正確なる我が爆撃を受けた敵軍事施設は、たちまち濛々(もうもう)たる火炎に包まれてゆく。かつて敵がビルマ奪還の前進基地と定むカルカッタに対し、徹底的に痛打を浴びせた陸の荒鷲は、凱歌(がいか)高らかに勇躍帰途につく。あかねさす夕空のかなたより我が僚機は一機、また一機とその勇姿を現した。
こうして日ごとに苛烈(かれつ)となってゆく空の決戦に、今日もまた我が荒鷲は戦い勝ったのだ。