ホーム » 証言 » 大家 和博さん

証言証言

証言をご覧になる前にお読みください。

証言一覧へ戻る証言一覧

タイトルタイトル: 「ベニヤボートに身を託す」 番組名番組名: [証言記録 兵士たちの戦争] “ベニヤボート”の特攻兵器 ~震洋特別攻撃隊~
名前名前: 大家 和博さん(震洋特別攻撃隊 戦地戦地: 日本(長崎・川棚)  収録年月日収録年月日: 2009年12月4日

チャプター

[1]1 チャプター1 飛行機乗りに憧れていた  04:56
[2]2 チャプター2 紙に記した二重丸  02:30
[3]3 チャプター3 「震洋」訓練所へ  07:31
[4]4 チャプター4 鹿児島への自走  03:58
[5]5 チャプター5 嵐の出航  06:04
[6]6 チャプター6 本部への帰還  03:30
[7]7 チャプター7 出撃待機  05:57
[8]8 チャプター8 待機中の終戦  01:48
[9]9 チャプター9 孫に語った「震洋」の日々  02:28

チャプター

1
2
3
4
5
6
7
8
9
番組名番組名: [証言記録 兵士たちの戦争] “ベニヤボート”の特攻兵器 ~震洋特別攻撃隊~
収録年月日収録年月日: 2009年12月4日

証言をご覧になる前にお読みください。

再生テキスト再生テキスト

わたしたちが予科練に受験したのが(昭和)16年の10月ですのでね。試験が。その当時は、まだ、アメリカとのあれがまだ始まっていませんでした。それでわたしたちの学校に、学校で言えば先輩ですね、人たちがたびたび郷土訪問で学校の上に飛んで来たりなんかするんですよ。そんなのを見て、おれもぜひ行きたいなというような気持ちで志願。飛行機に乗ってみたいというような気持ちで志願、憧れて志願したわけですね。

第1回目の募集がですね、昭和19年の8月の末です。わたしたちが乙種飛行予科練習生第19期だったですのでね。それが卒業間際に、第19期生は、三重海軍航空隊の剣道場に総員集合ということで号令がかかりまして。皆、その要求が分からんもんだから、卒業が繰り上げになったとか、じゃろうとか、いろいろ憶測しながら剣道場に行ったわけですね。そしたら司令が壇上に立って「現在の日本の戦局も容易ならざることになってきた」と。「この戦局を一挙にばん回するために、今度、日本で新兵器を作ってですね、その搭乗員を求めている」と。君たちもみんな2年有半、その予科練で一生懸命、飛行機に乗るために訓練をしてきたけど、まあ、お国のためにそれに向かって、何ですか、「日本の戦局を一挙にばん回してやろうというような熱意のある人は、それに志願してくれ」ということでですね。
で、まだ、ほら、その時分に特攻という言葉は日本に生まれてなかったですものね。特攻という言葉が生まれたのは、ほら、19年の10月ですか。有名な神風第1号の関隊が特攻第1号で。あのときから特攻という言葉が生まれまして、まだわれわれが募集されるときは、8月は特攻という言葉はなかったです。だから、特攻という言葉は司令も誰も使わなかったですね。

飛行機じゃないということは分かっていましたね。しかし、それに乗ったら必ず死ぬであろうということも分かっていました。司令の話しぶりから察してですね。しかし、それ以外のことはもう全然分かりませんでしたね。その当時は。

その兵器に乗って、まあ、国の礎となって一挙に、その日本の戦局をばん回してやろうという熱意とか、そういうことをおっしゃられていましたのでね。だから、その当時のその場所の空気から察してですね、それで行けば絶対に死ぬだろうということ。そして、そのときですね、長男と一人息子は除くということだったですからね。だから長男とか一人息子、まだ、ほら、その当時は日本では家族制度というものが確立して、だから、長男は、その家族の家族制度の保存のために絶対に残さないかんと、そういうふうな空気だったわけですよ。だから、一人息子と長男は除くということだったんですのでね。

Q:大家さんはちなみに何人兄弟ですか?

わたしは男ばかり。実はですね、わたし、農家の男ばかりの4人兄弟の次男坊だったですよ。だから、条件としては一番最初に選ばれるだろうなという、あれはありました。

希望の取り方はですね、各自に小さな紙、四角い紙きれを渡してですね、あくまでも日本のために、それに行って、日本の戦局をばん回してやろうというような熱意のある人は二重丸を書いてくれと。それから、まあ、ぜひ行けと言われれば行ってもいいやと思う人は一重丸と。いや、おれはあくまでも、そんなのは行かんと、今までどおりあくまでも飛行機に乗って、日本のために戦うという人は白紙で出せということだったですのでね。

隣同士、絶対話し合わんで、自分の意志で書きなさいということだったんですよね。しかし、それまだ16、17ぐらいの子どもでしょうが。それで、そしたら、隣におったヤマシタ君という戦友が、仲のいい戦友がおったんですけどね。「ヤマシタどうする」って言ったら、「行こう、行こう」って言うんですよ。そしたら、もうその場の空気がですね、まあ、二重丸を書かんかったら、まあ、卑怯者って言われるとか何とか、そういうふうな、その当時の空気だったですからね。「行こう、行こう」言うんで、それなら行こうやということで、わたし、二重丸を書いて出したんですよ。

自分は好きで予科練に来て、だんだん予科練に来てから戦局は圧迫して。先輩たちがその当時、予科練から航空に行ってですね、その当時は飛行機に乗ったら半年の命とか言われていましたのでね。そういう話は聞いていましたから、どうせ命はそういうことで、早く縮まるだろうなということは、常々思っていました。

Q:行きたくないなとかというのは思わなかったですか?

行きたくないとは思わなかったですね。まあ、行けと言われればしょうがないや、というような程度の気持ちだったんじゃないですか。ぜひ行きたいという気持ちでもなかったですのでね。

Q:じゃ、やっぱり飛行機に憧れていたわけですかね。

そうです。

川棚の小串郷の基地ですね、訓練基地。あそこに来たときですね、緑色の何かベニヤのボートがプカプカ、プカプカ浮いているんですよね。訓練用のボートが。あれを見た途端に、本当げんなりしましたね。今までは飛行機に乗って、死ぬために一生懸命。まあ死ぬためじゃないけど、飛行機に乗ってやるということで一生懸命、目標で頑張ってきとったわけでしょう。しかし、プカプカ浮いているベニヤを見た途端に、「えらいおれたちの棺おけが安くなったな」というような気持ちで。「こんなのかい」というような気持ちだったですね。まあ、あれを見て幻滅を感じたというんですか。本当、粗末なものでしたものね、あの震洋というのは。これでも兵器かいというぐらいの気持ちですね。

Q:戦局をね、ばん回する新兵器ができたと聞いて行ったから。

それで、まあ、中に入って、いろいろ講堂でその震洋のその性能とか使い道とかいろいろ説明を受けたんですよね。そしたら、震洋の頭部に250キロの爆薬を装備して体当たりをするようにできているというような講義を聞いて、がっかり。がっかり。まあ、がっかりのほうが強いでしょうね。こんなので体当たりばやって、そういう気持ちだったですね。

お粗末でもあるし、扱い方なんかも簡単な兵器なんですよね。だから、おれたちみたいに、予科練に入って2年有半みっちり、その教育を受けて、ほら、何でも一人前。まあ、飛行機乗りになるための一人前に育てたわけですよ。そういう人間をああいう兵器を乗せてもったいないなという。

(操縦は)難しいものじゃないんですよ。あれは。ほら、エンジンが日産のトラックのエンジンですかね。ただハンドル操作で、ハンドル操作で右へ行ったり左へ行ったり、まあ、クラッチを踏んで止めたりする程度の操作でしょう。

こんな兵器は兵隊に入ってきたばかりの少年兵でもいいじゃないかというような、まあ、気持ち。友だち同士の話ですね。そういう空気が本当に強かったですね。予科練でそれまでみっちり習ってきたことは何にも役に立たんわけですね。何のために、しごかれしごかれして、予科練に2年有半頑張ってきたかっていうような気持ちが強かったですね。

まあ、訓練そのものは面白みもありましたよ。そして、大村湾の中で漁船とか普通の船とか見つけたらですね、ちょうどあれに向かって体当たりの訓練をやるんですよね。こうやって直前に舵を切ってよけたり、そういう訓練ばかりしたけどね。

Q:そんなに厳しいものじゃ、全然、なかったですか?

うーん、まあ、予科練時代のあれに比べたら厳しいものじゃなかったですよ。まあ、ほら、艇隊長、教官、艇隊長あたりも予備学生出身の少尉候補生とかですね、少尉になったばかりの人たちが多いでしょう。大方ほとんどですのでね。だから、艇隊長あたりもいくらかのわたしたちに対しての、まあ、遠慮もあったんじゃないですか。艇隊長あたりは予備学生が入って、海軍に入って1年そこそこぐらいの人たち。わたしたちは2年有半、海軍の中でもまれてきとった。まあ、一人前のこいつらをおれたちは上手にこなせるかなというような艇隊長の気持ちはいくらかあったと思いますよ。

果たしてこれで通用するだろうかという気持ちはありましたね。通用するだろうかと。アメリカの強力な軍艦あたりを相手に、これで通用するだろうかというような気持ちはいくらかありましたよ。

第一、スピードが足りなかったですね。このぐらいのスピードで果たして大丈夫だろうかというあれはありましたね。

Q:ベニヤ板でできているから壊れやすかったりということはありましたか?

うん。しょっちゅうありましたよ。

Q:どんなことがあるんですか?

ちょっと、ほら水が漏って訓練不能になったり。それから、エンジンがすぐ故障していましたね。あの当時のエンジンですから。それも自動車のエンジンも古ものを集めてきたんでしょうね。あの当時、日本に新しくエンジンを作って震洋に据えるというようなあれはなかったんでしょうから。どうしても、経済力も。だから、中には性能、エンジンの性能のいいものもあったけど、使い物になるかいっていうようなやつもいくらもありましたのでね。

Q:体当たりだという作戦を聞いたときはびっくりしました?やっぱり。ああ、やっぱりという感じですか。

やっぱりなーという気持ちですね。びっくりよりも、やっぱりなという気持ちです。わたしたちが20年の2月にそれをされて、川棚に行ったときは、もう既に、飛行機のほうで神風特攻がフィリピン辺りでだいぶ落ちとったでしょう。だから、日本に飛行機が足りないから、こんなので代用するんだと、体当たりで代用するんだという空気が非常に強かったですからね。まあ、しょうがないやと。しかし、こんなお粗末なものにおれたちを乗せんでも、というような気持ちもありました。

確実に、どうせするなら、確実にできるやつがいいなというような気持ちはありましたね。

佐世保の船越というところに派遣隊がありました。防備隊の派遣隊。そこに海軍工廠(しょう)の出張所があったんですよ。そこに出張工場が。そこで震洋を整備してですね、爆装して、できた分ずつだけ出発したんですよ。それでわたしたちの部隊が一個艇隊で12杯(隻)ですのでね、12杯整備ができたら一個艇隊、出発すると。
しかし、その佐世保の港を一歩出たら、もう九州の西海岸近海には当時、ちょいちょいアメリカの潜水艦あたりが出没していましたのでね、あの当時は。それで、いつ潜水艦が出没するか分からんから、完全爆装して潜水艦が出てきた場合には、直ちに突撃できるような完全爆装態勢で行くということで。そして、出撃に突撃12人ですか、あれも決められていましたのでね。潜水艦が一隻に、ほら、12杯が一遍に行ってももったいないわけでしょう。だから、まあ、1番と2番と出撃順位がですね、1番と2番が誰々、誰と誰と。3番目が誰と。次は誰という順位というのが決められましたのでね。

Q:大家さんは何番目だったんですか?

それは、わたしはね、今はっきり記憶していないんですけど、後半のほうだったと思います。

本当に自分の艇に爆装をしたときはですね、やっぱり足が震えましたよ。しかし、もう何日かして慣れたら平気なもので、その上に腰掛けてたばこを吸っているんですよ。人間、慣れというものは恐ろしいもんですね。あれの上に腰掛けてたばこを吸うんですよ。やっぱり慣れでしょうね。何か恐ろしさが麻痺するっちゅうんですかね。

Q:前線基地は、結構、輸送船に震洋も人も資材を積んで基地まで移動したって聞いているんですけども、大家さんたちは違うんですか?

わたしたちの部隊だけはもう完全爆装で、佐世保から鹿児島のあそこまで自力航海でですね。

だから、いつ敵の船と遭遇するかも分からんから完全爆装で行けということで。西海岸のほうをずっと行くわけですよね。鹿児島まで。だから、途中でアメリカの潜水艦辺りに遭遇する可能性が非常に大であるから、完全爆装をやっていくということでしたものね。それに対して不安とか不満を誰も言わんかったですよ。嫌だとか恐ろしいとか、そういうことは誰にも。皆、そのときは朗らかなものだったですね。

基地に向かって自力航海で。それも夕方。まあ昼間、アメリカの空襲がひどくて動けんから、夕方出発で、夜中に向こうの基地に着いて。そこで夜を明かして、またその日の夕方まで待って次のところへ、寄港地に。そういうことの想定だったんですからね。

長崎の。あそこが第一の寄港地だったんですよ。松島までは無事に行ったんですね。そして、松島で一夜明かして、明くる日から非常に風が強くて時化(しけ)たんですよね。何日、しけたか知らんけど、何日も時化たんですよ。それで艇隊長が何日か時化た後で、その日も時化ていたんですけど、もう待ち切れんかったでしょうね。艇隊長が「今夜、出航する」って言うんですよ。こんな嵐の日にやて。隊員たちは、

こんな嵐の日に出航するってやって、ブツブツ言いながらも、鶴のひと声、まあ、しょうがない。出たんですよね。そしたら長崎沖辺りになったら時化がひどくてですね。

軽かったらこの波に乗るけど、頭部に250キロの爆装ですから乗り切らんわけですよね。波に突っ込むわけですね。そしたらザブーンって来て、運転座席から船の中にダーって塩水が入ってくるんですよ。そして、もうしばらく入ってきたら、エンジンルームに水が水浸しになって。ある程度潮水がたまったら、エンジンがもうストップするんですよ。潮水で浸かってですね。そしたら、もうほら、もまれ放題でしょうが。エンジンの推力が、もとの舵がいうこときかん。それで波をかぶって、もう沈んでしまったんですよ。

12杯全部、沈んでいるんですよ。そして、もう全部バラバラに流されて。もうわたしたちが香焼島に流されましたよね。ちょうどあのとき満ち潮だったんでしょうね。潮が海岸に向けてどっと、わたしたちは流されて、海岸に向けて。引き潮だったら沖に引っ張られるだろうけど。ちょうど満ち潮だったんでしょうね。海岸に打ち上げられてですね、香焼島の。

これは救命胴衣といって、飛行機に乗るとき、救命胴衣ってここ付けているでしょう。あれを付けていたんですよ。だから、プカプカ、僕らは半身浮いたままですね。こう横になって泳げないんですよ。縦に浮いているだけで。ずっと潮で流されて。ちょうど、昔の時計ですから、わたしの時計が、海に入って、ほら潮水ですぐ、昔の時計だから潮水が入って時計が沈むでしょう。覚えていますけど、ちょうど7時ちょっと前だったですね、時計が止まった状態が。それで香焼島に上がって、川南造船所という造船所がありましたのでね。当時、香焼島に。そこのアボウというところにセイケン寮という造船所の寮があったんですよ。そこに、あのね、連れて行ってくれたんですよ。

香焼島に上がったら、当時のことだから、島中真っ暗ですよね。灯火管制をやって。
それで、島は島、陸は陸だけれど、どこに行ったらいいか分からんわけでしょう。手探りで行っとったらですね、相手の人がバタンって倒れたんですよ。ああ、痛いって。

ちょうどトロッコの線路があったんですよね。それにつまずいて倒れたんです。そしたら、トロッコの線路があるけん、これは無人島じゃなかばいということで。それで、2人でガヤガヤ言うておったら、そばに真っ黒、真っ黒の男の影がぬっと出てきてですね。もうびっくりしたんですよ、こっちも。向こうもびっくりしたでしょうね。それで、その人を捕まえて、ここはどこですかと言ったら、その日本語が分からないんですよ。そして、何回もここはどこですかね言うたら、結局ほら、朝鮮語、韓国語ですか、あれでペラペラ言うんですよ。何とか。それで、もう朝鮮まで流されたかって。あのときは本当の実際の話ですものね。ばか言うなって。こんくらいで朝鮮まで流れるもんかというて言っとったら、その男の人がですね、日本人のおるところに連れていってくれたんですよ。暗いところを。
話を聞いたら、香焼島にそのとき炭坑があったらしいですね。韓国からの、ほら、強制徴用ですか、強制的に韓国人を連れてきて、あの炭坑なんかで働かせるんです。その人たちですね。日本に来て長くなかったら日本語も分からないんですね。そういう人だったんです。その人が造船所の寮に連れていってくれたんです。そしたら寮長さんとか寮母さんとかいっぱい来て、もうびっしょり濡れているもんだからですね、さあ、脱ぎなさいと言って服を脱がせて拭いてくれてですね。それで、そこにお世話になって、10日間。ちょうど10日間、お世話になりました。

そのときですね、1人も亡くなったものはいないんですよ。全部、あっちの島、こっちの島に流れて。だから、やっぱり、あれ、救命胴衣のおかげですかね。

部隊が遭難したといって。先の鹿児島に着かんもんだから、遭難したということで。それから、ずっと救助隊があっちこっち探して、10日目にわたしたちが最後ということでした。お前たちが最後だぞということで、それで原隊に帰りました。
それから、7月の何日ごろかな、日にちははっきりしませんけどね。もう帰ってきてですね、川棚から佐世保の防備隊に行けということで。もう本隊はもう出てしまっているから、わたしたちは居候部隊ですよね。仮の。そのときに佐世保の防備隊に行ったときは、もう佐世保の空襲で町は全部焼けていましたからね。だから、佐世保のあの空襲は6月の何日ですかね。

Q:29かな。

29日ですよ。それ以後だったですよね。そこに、佐世保にわたしたちが救出されて着いたのが、焼けた後だったんで。

その本部にちゃんと「今、ただ今救助されて戻って、本隊に戻ってきました」ということを報告せないかんわけですよね。何かその証明書が、何月何日に救出して、何月何日に原隊に送りますという証明するんですよね。それを持って報告に行ったんですよ、川棚の本部に。

特攻長から、特攻長という職務、その当時あったんですよね。海軍少佐です。白戸っていう。白戸少佐、白戸少佐って言いましたけどね。白い戸と書きます。その人が言うことは「貴様たちは海に陛下の大切な艇を沈めた」と。無駄に沈めたということですね。だから「貴様たちに、震洋、またやるような震洋はない」というふうな。だから「貴様たちはその通船を漕いでいって体当たりしてこい」と。やかましい言われてですね。

通船って海軍で、ろを漕ぐ小さな・・海軍でも通船いうて小さな用を足す船があるんですよ。ろを漕ぐやつが、その当時あったんですね。いろいろ細々した用事、あっちこっちに連絡したりなんかするやつですよね。通船こいでいって体当たりしろとかね。それはわたしたちの判断ミスで出航してやったんじゃないんですよね。艇隊長が今日は出航だと言ってやってのあれでしょう。わたしたちにやかましゅう言うたっちやというような気持ちでしたけどね。

がっかりよりも、ほら、何で見当違いにおれたちを叱ってというような気持ちだけでしたけどね。おれたちにやかましゅう言わんでも、艇隊長に言ったらよかとが。おれたちにやかましゅう言って、「あの馬鹿が」って。そういう気持ちでしたものね。

基地が海岸端、海岸がちょっと砂浜で、そこから切り立った崖があって、そこの崖の中に防空壕を掘って、その中に震洋を格納していましたものね。

基地におる間は、わたしたちは昼間は、ほら、もう6月の、いや8月になったら沖縄が陥落して停戦になった後でしょう。だからアメリカの主力はもう鹿児島、宮崎、大分めがけて飛行機の空襲が来ていましたのでね。

出撃命令は出なかったけど、ちょうど8月の10日過ぎですよね。10何日か、はっきり記憶はないけど、10日過ぎに、何日ごろだったかね。15日が終戦でしょう。終戦のちょっと前ですよね。部隊長が、夕方、「搭乗員総員集合。総員整列」で、兵舎の前のちょっとした広場に集めてですね、「おまえたち、明日、出撃の可能性が非常に大になった」と。いろいろ司令部の情報とか状況とかいろいろ見ていて。司令部からしょっちゅう電話入っていましたからね。非常に可能性が強くなったと。だから、今日は午後はみんな身の回りの整理をしてですね、遺書を書けと言うんですね。その紙を渡して。それで、髪の毛と爪を切って一緒に封筒に入れろと。そして、提出しろと言うんですね。そしたら、おまえたちがあした出撃した後で、それをそれぞれ届けてやるということで。そのときに遺書を書かせられたんですよ。
それも、遺書もね、やっぱり書いて出したら、部隊長あたりに一応点検しますものでね。全部、軍隊の手紙というのは検閲。上司が点検しますのでね。だから、上司に点検される条件の下で書いた遺書だからさ、きれいごとばかりさ。お国のために喜んで死にますから、お父さん、お母さん、悲しまないでくださいとか。今日、自分はあれしますとか、そういうことばかり。多分、そういうことを書いたと思うんですよ。だから、隠れて書いた遺書じゃないから本音は書いていないですものね。全部そうだったと思うんですよ。

Q:大家さんの本音というのはどんな思いだったんですか?

本音はやっぱり死にたくないけど、しょうがないかというのが本音でしょうね。あそこまで行ったら。だから、その遺書を書けと搭乗員の兵舎で、全部54人、机みたいなもの、机というかご飯食べる飯台みたいなのを、そこで紙を広げて。やっぱり最初はシーンと、さすがに誰でもシーンとしていたんですかね、遺書を書くときは。しかし何時間かたったら、ガヤガヤ、ガヤガヤやって雑談が増えてきたんですよね。そういう空気だったですよね。

まあ、案外ね、さっぱりしたもんですよ。そして、その遺書を書いた明くる日に即時待機っていうんですよね。

ちょうどお昼ごろだったですかね。即時待機、総員集合。搭乗員総員集合で。整備兵は、午後からその震洋を出して、海に浮かべてエンジンを試運転やってですね、即時待機で出撃の命令が出たら、すぐ出られるように即時態勢の待機を取って整列して待っとるけど、1時間たっても2時間たっても、ほら、出撃の命令が来んわけでしょう。それで、だんだん、だんだん日が暗くなって。

やっぱり死ぬときはどがんやろうか、痛かじゃろうか、どんなになるんじゃろうかと、そういう気持ちですよね。そういうことを考えて、皆、シーンとしているんですよね。もうそれを考え過ぎてしまったら、1時間、2時間たったら、やっぱり緊張がほぐれるんでしょうね。その慣れごとだから。だから、みんなガヤガヤ、ガヤガヤ言いかけるんですよね。その場の空気が。

そして、夕方、もう日が暮れる時分になってからだったですかね、今日の出撃は、出撃の可能性がないから解散ということだったですよね。そしたら、後は助かったなと。そういうさっぱりした気持ちだったんですよね。おいおい、死なんでよかったなというような、その程度の気持ちだったと思いますよ。

8月15日、ちょうど終戦の日にも即時待機をしていますものね。そして、夕方、暗くなってから、部隊長が泣きながら士官室、自分の部屋から出てきたんですよ。それで、「君たちも今まで職務を、今まで日本のために一生懸命頑張ってきたけど、もういくら頑張っても駄目になった」と。そのとき終戦の知らせをですね、聞いて、出撃取り止め。解散。そのときが2回目が即時待機ですよ。それは、わたしたちの部隊、全部の人が覚えているだろうと思うんですよ。

Q:そのときどんなことを思いましたか?

そのときがね、解散って言ったらガヤガヤ。誰もやっぱり、まあ、若い子どもでしょうね。もうよう死なんでよかったと言って飛び上がってですね。そういう気持ちでしたよ。

やっぱり、まあ、確実に死なんでいいということが決まれば、うれしかったんでしょうね。全部が。「おいおい死なんでいいぞ」とか言って騒動してですね。

やっぱりほっとした気持ちでしょうね。その当時の気持ち、まあ、何て言おうか、どっちにしてもほっとした気持ちでしょうね。「死なんでいいぞ、いいぞ」とか言って、全部が飛び上がって騒動しましたものね。

孫が言うんですよ。「じいちゃん、タイムスリップしたら、過去のほうにタイムスリップするとしたらいつごろに行きたい?」って言うと。「じいちゃんな、20年のあの当時にもう一回、行ってみたい」って。「20年、そんなによかったねん?」って言うて。「よかったということじゃないけど、張り切って面白かったぞ」というようなこと孫と話したことがありますのでね。
本当に嫌な思い出ばかりじゃないんですよ、その当時は。まあ、こんなちゃちなのに俺たちを乗せてなんていう気持ちはあったけどですね。

嫌で嫌でたまらんというような気持ちじゃなかったですよね。しかし、その訓練期間中を通じて、自力航海して鹿児島に行って、鹿児島で終戦になるまで鹿児島の基地で過ごして、まあ、全部、その当時が嫌な時ばっかりだったかというと、それはないんですよね。

まあまあ張り切って面白かったという。張り切って大分、何ですか、いい日々を過ごし、わたしたちにとってはいい日々だったと思いますね。

Q:そのお孫さんに、戦時中の生活を体験させたいなというのは?

いや、孫にはさせたくないですね。

Q:させたくない?

うん。やっぱりああいう軍隊みたいな苛酷なあれは、生活はあまりさせたくない。させたいとは思いませんね。自分が体験しているからさ。しかし、自分たちは自分たちなりに、何ですか、充実して、ある程度の面白みもあっちこっちから見つけて、十分、それなりにやってきたと思いますよ。毎日、毎日が嫌な毎日だったら、とてもとても2年も3年もですね。それなりに、だから、面白かったり充実していた日々があったと思いますよ。

出来事の背景出来事の背景

【“ベニヤボート”の特攻兵器 ~震洋特別攻撃隊~】

出来事の背景 写真太平洋戦争末期、敗色濃厚となった戦局を一挙に打開しようと、大規模な特攻部隊が海軍で組織された。その名も「震洋特別攻撃隊」。“太平洋を震撼させる“と謳い、6200隻を製造、およそ5千人をこの作戦に動員した。
その多くは、航空機搭乗員を目指していた予科練出身者や学徒兵の若者たちだった。しかし、秘密兵器「震洋」の実体は、ベニヤ板製のモーターボート。長さ5メートルの船首に250キロの爆薬を積み、敵の艦船に体当たり攻撃をしかけるという兵器であった。

開発を強く主張したのが海軍軍令部・黒島亀人。連合艦隊の参謀として攻撃を成功に導いた人物だ。

長崎県の川棚で訓練をした「震洋」の部隊は、米軍の侵攻で上陸が予想されたフィリピンや、沖縄本島や石垣島、奄美大島などの離島や本土各地の海岸などに配置された。しかし、作戦がはじまってからは、輸送中の爆撃や設計の不備によると見られる爆発事故が続出し、特攻作戦の前に多くの若者が命を落とした。狭いボートの中に、燃料タンク、4トントラック用エンジン、そして爆薬が詰め込まれていたのだ。しかし、海軍軍令部がこうした事態の改善に乗り出すことはなく、「震洋」による特攻作戦は終戦まで続行される。結局特攻に成功したのは数隻のみといわれている。5000人の兵士のうちおよそ半数が命を落とした。

証言者プロフィール証言者プロフィール

1942年
12月、三重航空隊 乙種飛行予科練習生として入隊
1945年
川棚臨時魚雷艇訓練所へ入隊、震洋搭乗員
1945年
第47震洋隊として、鹿児島の基地へ震洋艇で向かう途中転覆、川棚へ帰還
1945年
復員、農業に従事

関連する地図関連する地図

日本(長崎・川棚)

地図から検索

この証言に関連したキーワードこの証言に関連したキーワード