ホーム » 証言 » 川野 和一さん

証言証言

証言をご覧になる前にお読みください。

証言一覧へ戻る証言一覧

タイトルタイトル: 「玉音放送後に特攻で出撃」 番組名番組名: [NHKスペシャル]特攻 ~なぜ拡大したのか~ 放送日 2015年8月8日
名前名前: 川野 和一さん(海軍特別攻撃隊 戦地戦地: 日本(大分)  収録年月日収録年月日: 2015年6月17日

チャプター

[1]1 チャプター1 玉音放送後に出撃した特攻隊の仲間たち  03:30
[2]2 チャプター2 艦上爆撃機の特攻  07:52
[3]3 チャプター3 最後の訓示  03:15
[4]4 チャプター4 不時着水  06:40
[5]5 チャプター5 同乗の偵察員を失って  01:31
[6]6 チャプター6 なぜ出撃したのか  03:05
[7]7 チャプター7 帰郷  03:51

チャプター

1
2
3
4
5
6
7

提供写真提供写真

番組名番組名: [NHKスペシャル]特攻 ~なぜ拡大したのか~ 放送日 2015年8月8日
収録年月日収録年月日: 2015年6月17日

証言をご覧になる前にお読みください。

再生テキスト再生テキスト

19か二十歳ぐらい。二十歳のとき、私終戦だからね。

Q:二十歳で終戦。では、これは昭和20年ですか?

そうそう。

これが特攻隊に行ったときの中津留大尉。これ。これが特攻隊にいた連中の名前や。

Q:一緒に出撃された。

うん。これは。これ全部ずっとな。一緒に行った連中や。

Q:これは?こっちの、このお写真は。

これ、中津留大尉。私たちの隊長だった。

Q:ここらへんはどなたのお写真ですか?

これはみんな昔の戦友な。

日高とはずっともう特攻隊に行ってからずっと一緒だったからね。これは偵察員よ。操縦手は偵察員が長距離飛行するときには、何度の方向で風がどこから吹くからなんぼ修正して飛んでいけとか言って、偵察員が計算するわけよ。操縦員はあれで、馬車馬の馬と一緒で、言われた通りに飛んでいくわけ。

これが日高って鹿児島の男ね。それで一緒にいた連中。特攻隊の連中、これみんなそうだ。これ中津留大尉、隊長だった。結婚した時の写真だ。

それであのとき出撃した連中が、これ全部そうです。これ私の後ろの偵察員の日高。私はこれですけどね。これは中津留大尉。これ中津留大尉。もう70年も前のことだからなあ。私、90だもの。

私がね、予科練に入って、予科練を卒業して、いちばん最初に行ったのが北海道へ行ったんですよ。北海道で夜間戦闘機の訓練を受けてね。厚木でB29をよう撃するための夜間戦闘機に僕は乗ったんですよ。夜間戦闘機でね。B29が飛んできたら、編隊の上で3号爆弾って空中で爆発する爆弾を落として、B29の行き足を止めて下に潜って、下から機関銃で撃つ訓練を厚木で夜間戦闘機でおったわけですよ。それで、厚木の夜間戦闘機が今度、米子の航空隊へ転勤して、米子で特攻隊の訓練を受けたわけです。それで急降下して爆弾を落とす訓練とかね。それで、米子におったときに、中津留大尉が率いて大分へ行ったわけです。

Q:米子にいらっしゃったのはいつぐらいのことですか?

(昭和)20年の初めの頃だな。

Q:20年の初めの頃。

20年の7月以降はもう大分にいたからね。それで20年の初めごろに米子でね、訓練したわけですよ。

Q:それは自分は特攻の訓練をしているということは…

いや、特攻の訓練じゃなくて、そのときは急降下爆撃の訓練。私はもともと艦上爆撃機と言ってね、急降下して船に爆弾を落とす訓練を受けていたわけですからね。米子にいるときでも、急降下していって目標に爆弾をドーンと落とすと。戦況を確認して基地へ帰るというような訓練を受けていたわけですよ。

Q:米子で訓練をしていたときの飛行機は?

彗星(艦上爆撃機)。もう彗星の艦爆って言ってね、艦上爆撃用の九九艦爆って言って、支那事変(日中戦争)当時は大きな飛行機だったけどね。大東亜戦争(太平洋戦争)になってからは、もうそんな飛行機古くさいから、彗星に変わったわけですよ。

Q:米子にいらっしゃったときは、自分は特攻隊員だと思っていらっしゃらなかったんですか?

いや、みんなもう特攻隊員っていうことは知っているんです、皆。艦爆の連中とか、自分がいつ出撃するか分からないけれども、訓練をやっているから、特攻隊員っていうのは知っているわけです、みんな。

Q:川野さんも自分が特攻隊員だと思って。

知っているわけです。いつ命令が来ても、「はい」、と出ていくわけですから。それで急降下爆撃訓練をしている者は、特攻隊員であるということはもう認識しているわけですし。訓練しているときから。だからいつ出撃命令が来ても何でもないわけですよ。当たり前に思っているわけですよ。

Q:でも、特攻隊を志願するかしないかという、そういう…。

そんなものなかったよ。特攻隊に志願するかって、そんなの一つも聞いたことがないですよ。映画とか本ではやっているかもしれないけれどもね。我々に特攻に志願するかっていうのは。特攻隊に出る名前がなかったら、何で俺が出ていかないんだっていうぐらいの、みんな気持ちだったからね。同じ隊員の中で、特攻隊に誰と誰と誰って。自分が抜けておったら、「私、なんで出んのですか?」っていうぐらいだったからね。

死ぬのは当たり前に思っておったの。

Q:そう思うようになったのは何でですか?

恐怖感とか嫌だという気持ちは全然ない。

Q:なぜ死が当たり前だと思うようになったんですか? なぜ?

それはな、国のため、親兄弟の住んでいる土地を守らなければいけないという気持ちが強いわけですよ。だから、B29がどんどんどんどん爆撃しよるでしょ。私、ちょうど米子で訓練したときに、徳島が空襲でやられたんですよ。そうしたら伝令の男が、「川野兵曹。川野兵曹。徳島だったなと。」「そうだと。」「今徳島、空襲でやられているわ。」って言うてな。ニュースでB29が徳島を空襲してるって。それで終戦になって徳島の駅に着いたら、徳島の駅から眉山まで丸焼けで何もなかった。

Q:そういうニュースを聞くと自分が守らなければいけないと思った。

そう。自分の国、自分の親兄弟、自分の土地を守らなければいけないという気持ちは強いわけですね。それで、自分の死ぬとか、怖いとかいう気持ちは全然なかったですよ。そういう気持ちがなかったら、戦争はできませんけどね。ただもう敵をやっつけるという気持ちが第一ですからね。親兄弟、国のために敵をやっつけるのだという気持ちしかないわけですから。戦争で恐ろしいとか怖いとかそういう気持ちは全然なかったですね。とにかく1機でも1艦でも敵をやっつけるのだという気持ちのほうが強いわけですから。まあ二十歳ぐらいのときだから、向こうっ気は強いですよ。恐ろしいものはなかったですものね。

最後の宇垣中将がここへ来たときの写真ですよ、これね。最後の出撃を前に、宇垣中将の訓示を受けたんですよ、ここで。

Q:この日のことは覚えていらっしゃいますか?

覚えているって言ったって、壕(ごう)で穴掘って搭乗員は全部寝ていたんですね。広島に原爆が落ちてからは、もう飛行場の近くの民家で寝ていたのを、搭乗員は全部壕でなければいかんって。山に壕を掘ったところで寝よったわけです。すると伝令が来て、「搭乗員の方はすぐに飛行場に集合してください」と言うので、飛行場に歩いていったら、一般の隊員の人がたくさん広場に集合していて、「何だ?」って言ったら、「いや、お昼に重大ニュースがあるから、広場に全部集合しろと言われたのだ」と言うて。そうかと。終戦だったっていうのを全然私は知らないわけです。そのときにもう一般の隊員は、終戦の話をされるから広場に集まれということで、広場に集合していたらしいです。我々は知らないから、飛行場に、指揮所に行ったわけですね。それで、終戦だったときに、宇垣中将が中津留大尉に、「中津留、3機だけ準備しろ」って言ったのに、「そんなようけ(たくさん)準備することはないぞ」って言ったのに、「いや、長官が出撃されるのに3機だけのお供ではとてもじゃない、私の部下は全員連れていきます」と。そう言ったら、「そんなにようけいらんから。」長官は(終戦を)もう知っているわけですからね。「いらんから偵察員は降りてくれ」と。偵察員が、「長官、我々は3年なり4年なり命懸けで共に訓練した仲ですから、今更私たちが、はいそうですかと言って降りません」と。「一緒に行きます」と。長官が、「それまで言うんだったら、おまえたちの命をわしにくれ」と。「わしはこの攻撃が成功しようが不成功に終わろうが、山本元帥からもらった短剣で腹を切って死ぬ」って短剣を見せたわね。それでまあ後は出撃命令が出るまで待っていたわけですよ。夕方出撃命令が出て、みんな出ていったわけですけどね。

もう終戦になっているから、敵は引き揚げて沖縄からおれへんの(いないん)ですよ。我々が沖縄に行ったときには、もうもぬけの殻で誰もいないわけですよ。爆弾をあんた、島に落としたって民家を焼いてもしょうがないし。友軍の兵隊を殺してもいかんので、爆弾だけを海に行ってダーンと落として、「基地に帰るぞ」というので引き返してきたのね。ところがもう、途中で燃料切れでみんな海にボチャンボチャンと不時着したわけですよ。そのときに私も不時着したんですよ。

うまいこと飛行機を着水すればいいけれども、陸上の飛行機で、フロートは付いていないわけですよね。そのままと言ったって、プロペラが前にあるから飛行機がガクッとねじれるわけですよ。そのときに日高は顔面を電信機にぶつけて、即死の状態で死んでしまったわけですよ。それで日高にもう少し注意して、「日高、しっかり足で踏ん張れよ」ぐらい言ってやっていたら良かったんだけどなと思って。私はもう足で前を踏ん張って、操縦かんを起こしてショックでダーンと、操縦かんで前歯を全部折ってしまってね。今これ、歯がないんですよ。それだけ気絶していたら飛行機がボコボコボコって泡が入ってくる音がして、ひょっと見たら飛行機が沈む。これはいかん。飛行機が不時着しているのにって。それで、「日高、大丈夫か」って後ろを見たら、日高は電信機に顔をぶつけてこうやって倒れているのね。それで顔を起こしてみたら、ここから血がドーッと流れていて。そうしたら飛行機がボコボコと沈むんで、いかん、こうしていたら一緒に飛行機と死んでしまうと。僕はボコンと海に飛び込んで岸に向いて泳いだんです。そしたら伝馬船で陸軍の兵隊さんが乗って、「誰か、誰か」って言って、着剣してね。「日本の操縦手だ、撃つな」って言うて、マフラーほどいて…、そうしたら見つかって、それで救助してくれたんです。

「飛行機に偵察員が残っているから、あれを助けてくれ」と。夜で今からはどうにも。明日、夜が明けたら潜って引き上げるって言うて。もうそれでそのときに日高は即死だったんですよ。だから、引き上げてもらって鹿児島の航空隊に移送してもらって、医官の診察受けたら、「川野兵曹、これ日高は水を飲んどらへんわ、即死だ」って言っていた。それで、「すぐに焼き場に行って焼いてこい」って。鹿児島の航空部隊の先任伍長と一緒に、重油でね、薪を積んで、日高を焼き場で焼いたんですよ。それで、骨を拾って包んで、それで日高の骨を持って原隊に帰らないかんというので。私が骨を持っておったんですかね。

それで原隊に帰るのに、若い隊員の飛行機に便乗したわけですよ。ところが飛行機の調子が悪いんですよ。「おい、この飛行機、危ない、危ない。ちょっと近くの飛行場に着陸せい」って言って着陸させたんです。それで「おまえたち、こんな飛行機によく乗っているな」ってね、私は。「それでどうしたんです?」 「こんなエンジンの音を聞いて分からんか」と。「これだけ調子の悪い飛行機で長距離乗っていけるわけないだろうが」って言って私は降りたんですよ。そうしたら、その搭乗員が、「いや、そんなことない、行きますよ」って、行った途端に飛行機落ちてしまってね。私は降りていたから良かったけど。日高の骨を持ったまま原隊へ帰って、原隊の後の指揮官に「これ、同乗していた日高兵曹の遺骨です。お願いします。」って渡して。そして私は原隊の、自分の原隊へ帰ったんです。

そうしたら原隊に帰ったらもう、みんな同期の連中とかが、「川野、おまえ、よく生きて帰ったな。もう終戦になったぞっ」て言うて。我々は終戦は全然知らんから。「終戦になったのか」と。「おまえ、今からもうみんな自分の家に帰る命令が出ているんだ。おまえ、どこだ?」「徳島だ」と。「そうか。おまえ、旅費もらったか」って。「旅費もらっているか」って言うて。それで「旅費をもらいに行け」と行ったら、「川野兵曹、山の上の飛行場で、川野兵曹の給料は山の上の飛行場だから山の上に行ってもらってください」って言うて。「そんなもの、今から山の上まで行けるか」って言うて。「もういいわ」って言ったら、戦友たちが、「おい、10円やるわ、20円やるわ」って言ってね。それでまあ70~80円の金ができたので。これだけあったら四国まで帰る旅費ぐらいできたわと思って。

日高は戦死したからね。「日高すまんの。おまえだけ死なせてすまんの」って言うて焼いたんですよ。鹿児島航空隊の先任伍長と一緒に焼き場に行って。ところが焼き場はようけ死んだ人がそのまま放ってあるんです。燃料がないから。それで我々は部隊から燃料を持っていって焼いたからね。すぐに焼けたんですがね。もう夏だから死体を焼き場の外にようけ置いてあったですよ。

終戦後、日高の墓参りに鹿児島に行ってきたんですよ。それで日高だけ殺して、私が生きていてすまんのうという気持ちでね。もう死ぬときは一緒のつもりで訓練してきているから。

Q:今もその気持ちがありますか?

日高だけ死んで、私が生きて、まあ今まで生きて日高にすまんなっていう気持ちはあったですね。

何で出撃したんだろうなということだけです。我々はもうとにかく敵をやっつけるということしか考えていないんですから。だから終戦になったって、出撃命令が出なかったら行かないですけど、出撃命令が出ているから行けということでみんな出ていくわけですから。

Q:戦後、いろいろこの特攻に関してはいろいろ言われていますね。なぜ部下を連れていったのかとか、終戦になっていったのに。そういうことについてはどういうふうに思われていますか?

結局、我々軍人の気持ちとしてね、戦争に負けたとか何とか知らんわけですから、そのときは。ただ国のため、親兄弟のために戦うんだという気持ちしかなかったわけですから。終戦になったということは知らんから。とにかく出撃して敵をやっつけるという気持ちのほうが強いわけですからね。だから、長官が出撃するなら、よし、私も行くぞという気持ちでみんな長官の後に続いたわけですから。

今になったらね、そういう気持ちで。中津留大尉以下若い隊員が死ぬ、それなのに長官だけが腹を切って死んでくれたら良かったのになというのは、今になれば思うんですよ。ところがそのときは、長官が行くのになぜ我々が残らなければいけないのだと。長官と一緒に出撃するという気持ちのほうが強かったですね。だから今になって考えたら、無理に出撃しなくても良かったのになという気持ちはありますけどね。そのときは全然そういう気持ちはないです。

Q:特攻という、特別攻撃という、命に代えて攻め入るという、こういう戦法についてはどう思われますか?

結局、敵をやっつける最終手段としてやったんじゃないかなと思うんだけどね。敵の数とこっちの数と考えたら、それしかなかったんでしょうね。我々はただ上官の命令通り行動するだけでね。自分の勝手には動けないんですから。明日特攻で行くのは何番機、何番機、何番機って黒板に書いたら、その3機なら3機、4機なら4機のもんが出撃していくだけですからね。

まあ70年前のことは、今の平和の世の中では分からん。な。私、終戦になって、徳島に帰ったときに、徳島の駅前から眉山まで何もないんです。丸焼けで。すごいものだなと思って。それで実家に帰ったらおふくろが、昔だから、たらいで洗濯をしていて。「おふくろさん、帰ったで」って言ったら、おふくろが、「おまえ、生きて帰ったのか?」ってびっくりしていたですね。もう家の者は私が一番先に死ぬと思っていた、飛行機乗りだから。それで兄弟3人軍隊行っていたですからね。2番目は陸軍の少尉ですよ。私のすぐ上の兄貴は、海軍の下士官だった。それで僕も海軍の飛行機乗りで3人とも生きて帰ったからね。僕は一番後で帰ったんだけれども、おふくろ、家に帰ったらおふくろがたらいで、昔だから手洗いで洗濯していて。「お母さん、帰ったでよ」って言ったら、「ええ、おまえ生きとったのか」って。一番早く死ぬと思っていたんだろう。

戦争は非情ですよ。だから私は、日高の兄弟で鹿児島の警察署長をしていた人がいてね。「わざわざ来てくれてありがとうございます」って言いよったけどね。日高の墓参りして、般若心経を書いてね、私。表装して、日高の墓に奉ってくれって渡してきたんですけどね。それで行ったら、日高のところは神道で神様だ。仏教と違うんだ。「こんなもの書いてきたんだけどいいですか。」弟さんが警察の署長をしていてね。「いや、川野さん、どうもすいません。大事に保管させていただきます」って取ってくれたけどね。神道とは知らんものだから、般若心経を一生懸命練習して、表装してね。そして持っていったんです。そうしたら神道だって。

Q:うかばれてらっしゃいますよ、きっと。宗教は違っても。

一般社会でもけんかをしたらいかんのと一緒です。隣付き合い同士がうまく行っていればいいけど、隣同士がけんかしたらいかんのと一緒ですよ。だからもう戦争はしたら駄目。これね、国のため、人民のためでは平和を守っていくのが国のため、人民のためなんです。平和でなかったら、哀れなものですよ。

出来事の背景出来事の背景

【特攻~なぜ拡大したのか~】

出来事の背景 写真 爆弾を抱えての体当たり攻撃、特攻。戦争の終盤、日本はこの特攻でアメリカ軍を迎え撃ちました。戦死者は、4500人あまり。その大半が、二十歳前後の若者でした。
 昭和19年10月に始まった特攻は、終戦までの間に急激に拡大して行きます。特攻が初めて行われたのはフィリピンでした。最初に体当たり攻撃を行う事になる特攻隊が編成された10月20日。アメリカ軍がフィリピン・レイテ島に上陸を開始。20万の大軍が押し寄せました。太平洋の各地で敗退を重ねてきた日本軍にとってフィリピンは最後の重要拠点でした。しかし、主要な航空戦力を失っていた海軍には、強大なアメリカ軍を迎え撃つ手段がありませんでした。状況を打破するために立案されたのが、特攻でした。その戦果は、予想をはるかに超えたものとなります。20日に編成された特攻隊の一つ、5機の零戦からなる敷島隊は、空母3隻に命中してうち1隻を撃沈。隊員たちの命と引き換えに大戦果をあげました。
 この結果を受け、現地の海軍航空隊では体当たり攻撃の継続を決定。フィリピンの基地からは連日、多くの隊員が出撃して行くようになります。

 沖縄戦には、日本軍が開発したさまざまな特攻兵器が投入されていきました。ボートに爆弾を取り付け、敵艦に体当たりする、特攻艇、「震洋(しんよう)」。船体はベニヤ板。敵の銃弾を浴びただけで沈没しました。1.2トンの大型爆弾に翼と操縦席を取り付けた、「桜花(おうか)」。搭乗員は、桜花とともに攻撃機で敵艦隊の上空まで運ばれ切り離されました。しかし、桜花搭乗員の多くは、敵艦隊の上空にすらたどりつけず攻撃機もろとも撃ち落とされていきました。

証言者プロフィール証言者プロフィール

1925年
徳島県阿南市羽ノ浦町に生まれる
1939年
岩脇尋常高等小学校を卒業し、大阪の木材店で働く
1942年
土浦海軍航空隊に飛行予科練習生(18期)として入隊
1944年
12月、第302海軍航空隊へ
1945年
5月、第701航空隊攻撃105飛行隊へ
 
8月15日、大分から出撃し、不時着
 
戦後は、自衛隊に勤務

関連する地図関連する地図

日本(大分)

地図から検索

この証言に関連したキーワードこの証言に関連したキーワード

関連する証言

関連するニュース