ホーム » 戦時録音資料 » 昭和16年12月8日のラジオ(二) 正午の放送より「大詔を拜し奉りて」

戦時録音資料戦時録音資料

戦時録音資料一覧へ戻る戦時録音資料一覧

タイトルタイトル: 昭和16年12月8日のラジオ(二) 正午の放送より「大詔を拜し奉りて」
公開日: 1941年(昭和16年)12月08日 戦時録音資料について

再生テキスト再生テキスト

ただ今、宣戦の御詔勅が渙発(かんぱつ)せられました。精鋭なる帝国陸海軍は、今や決死の戦いを行いつつあります。東亜全局の平和はこれを念願する帝国のあらゆる努力にもかかわらず、遂に決裂のやむなきに至ったのであります。
過般来、政府はあらゆる手段を尽くし、対米国交調整の成立に努力してまいりましたが、彼は従来の主張を一歩も譲らざるのみならず、かえって英蘭比と連合し、支那より我が陸海軍の無条件全面撤兵、南京政府の否認、日独伊三国条約の破棄を要求し、帝国の一方的譲歩を強要してまいりました。
これに対し帝国は、あくまで平和的妥結の努力を続けてまいりましたが、米国はなんら反省の色を示さず、今日に至りました。もし帝国にして彼らの強要に屈従せんと、帝国の権威を失墜、支那事変の完遂を切り得たるのみならず、遂には帝国の存立をも危殆(きたい)に陥らしむる結果となるのであります。
事ここに至りましては、帝国は現下の時局を打開し、自存自衛を全うするため、断固として立ちあがるのやむなきに至ったのであります。

この録音資料の背景この録音資料の背景

太平洋戦争開戦の日、昭和16年12月8日に放送された、開戦にあたっての東条英機首相の演説。