ホーム » 戦時録音資料 » 昭和16年12月8日のラジオ(三) 午後0時半のニュース「真珠湾攻撃の続報」

戦時録音資料戦時録音資料

戦時録音資料一覧へ戻る戦時録音資料一覧

タイトルタイトル: 昭和16年12月8日のラジオ(三) 午後0時半のニュース「真珠湾攻撃の続報」
公開日: 1941年(昭和16年)12月08日 戦時録音資料について

再生テキスト再生テキスト

わが海軍航空隊の大編隊がハワイのホノルルに対して最初の空襲を行いました。わが海軍航空隊の大編隊がハワイのホノルルに対して最初の空襲を行いました。
ホノルル発同盟。日本海軍航空隊の大編隊は、ハワイ時間7日午前7時35分、日本の今朝3時5分、ホノルルに初の空襲を開始しました。
ニューヨーク発同盟。ホノルルからのUP電報によれば、真珠湾西方のバーバーポイント沖に、日本軍を乗せた輸送船の影が認められたと伝えております。

次はワシントン発同盟。木材を積んで太平洋を航行中のアメリカ陸軍の輸送船は、サンフランシスコを去る1300カイリの水域で魚雷攻撃を受けたということであります。繰り返します。ワシントン発同盟。木材を積んで太平洋を航行中のアメリカ陸軍の輸送船は、サンフランシスコを去る1300カイリの水域で魚雷攻撃を受けたということであります。

この録音資料の背景この録音資料の背景

海軍航空隊がハワイを攻撃した情報などが、アメリカにある通信社からの情報として報じられたニュース。