ホーム » 特集 資料映像 » 米軍が撮影した沖縄戦 その2

資料映像資料映像

資料映像トップへ戻る資料映像一覧

タイトルタイトル: 米軍が撮影した沖縄戦 その2

チャプター

[1]1 米軍が撮影した沖縄戦 その2  08:44

チャプター

1

解説解説

米国立公文書館に保存されている映像です。

民間人と日本兵を区別なく攻撃が行われた沖縄戦。捕虜になる日本兵や住民がいる一方で、「捕虜になるよりは死を選べ」と教えられていたため、自ら死を選ぶ日本兵や住民、看護や兵士として動員された女子学生や少年たちがいました。
6月23日、摩文仁の海岸で司令官の牛島満(陸軍中将)と参謀長の長勇(陸軍中将)が自決し、日本軍の組織的戦闘は終わりました。しかし、「独自の判断で戦闘を続けろ」という命令が出ていたため、米軍との戦いは続き、犠牲者は増大しました。

「映像の世紀」シリーズや、NHKスペシャル等、太平洋戦争・沖縄戦などを扱った番組で使用。