検索結果に戻る
NHKテレビ放送開始70年特設サイト TV70NHKテレビ放送開始70年特設サイト TV70

紀元二千六百年輝く世紀の祝典

Loading...

日本映画社・日本映画新社が製作した「日本ニュース」です。現在では不適切な映像や表現が含まれている場合があります。

  • 放送期間:
  • 最寄りのNHKでみる

詳細

《字幕》「此号は紀元二千六百年式典を謹寫、謹輯したものであります謹んで皆様と共に奉祝致します社団法人 日本ニュース映画社」昭和15年11月10日、国を挙げて待望の紀元2600年式典の佳き日、一億国民、歓喜のうちに輝く紀元を寿ぎまつる日は来ました。悠久誠に2600年。昭和の御代(みよ)に生を受けた我ら一億が、あふれるばかりの感激もて迎えたこのよき年、よき日。紀元2600年式典はかしこくも天皇・皇后両陛下の行幸啓を仰ぎ奉り、爽涼たる秋晴れのもと、旭日(きょくじつ)、燦(さん)として輝き、瑞気(ずいき)大内山に満ちあふれるこの日、宮城外苑広場にしつらえられた式典場において、いとも荘重、厳粛に行われ、かしこくも天皇陛下には、優渥(ゆうあく)なる勅語を賜いました。この日、光栄の参列者5万5000は威儀を正し、隊列を整えて朝8時より式典場各受付口より入場。次いで、昇殿を差し許された重臣顕官ならびに外国使臣らは、それぞれ婦人同伴、式殿に参入いたしました。かくて午前10時半、5万5000の全参列者、すでに所定の位置に整列を終わり、大内山の緑に浮かぶ式場は寂(せき)として声なく、ただ打ち震える感激のうちに天皇・皇后両陛下の臨御御待ち申し上げたのであります。天皇・皇后両陛下には、御同乗の略式自動車鹵簿(ろぼ)にて午前10時48分、宮城を御出門。二重橋正門から式場に着御あそばされ、天皇陛下には、近衛総理大臣の御先導にて式殿玉座に着かせ賜い、皇后陛下にも御座に着御あらせられました。このとき近衛総理大臣は開会の旨奏上のため、式殿正面南階段をくだり、玉砂利を踏みしめて式殿正面中央階(きざはし)前にしずしずと参進いたしました。《近衛総理大臣》「これより、紀元2600年祝典を開始いたします。」<放送>「最敬礼」(一同、天皇・皇后両陛下に向かい、最敬礼)(君が代斉唱)次いで近衛総理大臣は、恭(うやうや)しく陛下の御前に参進。一億の民草を代表して、紀元2600年の寿詞(よごと)を奏上申し上げました。《近衛総理大臣》「臣文麿、謹みて申す。伏して惟(おもん)みるに、皇祖国を肇(はじ)め統を垂れ、皇孫をして八洲に君臨せしめ、たもうに神勅(しんちょく)をもってし、授くるに神器をもってしたもう。宝祚(ほうそ)の隆(さかえ)、天壌と窮(きわま)りなく、もって神武天皇の聖世に及ぶ。すなわち天業を恢弘(かいこう)して皇都を橿原(かしわら)に定め、宸極(しんきょく)に光登して、徳化を六合(りくごう)に敷き賜ひ。歴朝相承(う)けて、ますます天基を鞏(かた)くし、洪猷(こうゆう)を壮(さかん)にし、一系連綿、正に紀元2600年を迎ふ、国體(こくたい)の尊厳(そんごん)、万邦固(もと)より比類なし。皇謨(こうぼ)の宏遠、四海豈(あ)に匹儔(ひっちゅう)あらんや。」(紀元2600年頌歌斉唱)遠すめろぎのかしこくも はじめ賜いしおお大和天つ日嗣(ひつぎ)のつぎつぎに 御代(みよ)しろしめすとうとさよ 仰げば遠し皇国の 紀元は二千六百年 かくて11時25分、天にも届けと天皇陛下の万歳を奉唱しました。「天皇陛下、万歳」「万歳」「万歳」(一同、最敬礼)「これにて式典を終了いたします。」

主な出演者(クリックで主な出演番組を表示)

放送リスト

検索結果を閉じる
番組・ニュース/
特集記事を探す
ジャンル
すべてのジャンル
ドラマ
クイズ・バラエティ
音楽
伝統芸能
ニュース
報道・ドキュメンタリー
紀行
教養・情報
自然・科学
こども・教育
人形劇・アニメ
趣味・実用
大型特集番組等
放送年
すべての年代

みんなのコメント

    もっとみる

    著名人レコメンド

      もっとみる

      あわせて読みたい特集記事