NHKゴガク

番組のご案内

学習サービス

遠山顕の英会話楽習

メッセージ

遠山 顕

遠山 顕 とおやま けん

皆さん、こんにちは。『遠山顕の英会話楽習』へようこそ! 講師の遠山顕です。

今月からスタートされる方、Welcome! 引き続き楽習をお続けになる方、Welcome back to Eikaiwa Gakushu!

この講座では、自然な英語を使った会話を材料にして、やり取りの技術、面白さ、コツを学びます。トピックは毎月変わります。いろいろな話題に関して、今よりすこしでも話せるようになっていただくためです。

私と、パートナーのキャロリンさん、ジェフさんとで、皆さんの英会話をいろいろな角度からサポートします。たとえば、番組を進めながら3人で英語のやり取りを交わします。時には意外な発言やユーモラスなコメントが飛び出しますが、その日のレッスン内容に関した短いフリートークがあちこちに用意されています。

ジェフさんはアメリカ、キャロリンさんはカナダのご出身で、それぞれ日米、日加という2つの文化体験も豊富ですから、異文化情報を楽しむことができると思います。

この講座ではリピートとクリエートを大切にしています。

リピートは外国語習得に欠かせない基本。満員電車やシーンとしたカフェでなら、囁いたつもりで、英語を喉に当てましょう。もちろん声を出せる環境があれば是非リピートをしてみましょう。英語を話す自分の声に慣れる、これが進歩の第一歩です。たとえばダイアログを1回でも5回でも、もしくは疲れるまで?!

ただ、すぐ疲れる方は、レッスンにあるSay It! のコーナーを参考に「省エネ」をすると、疲れにくくなります。さらに、英語が言いやすく、英語らしく、伝わりやすく、かつまた音読や会話が楽になっていきます。一石四鳥、一石五鳥を実現していきましょう。

クリエートしていただくのは、“英借文”のコーナーです。ここでは、その日に学んだ英会話(この講座ではダイアログと呼ばれています)の内容を短く日本語でまとめたものを、ダイアログに出てきた語彙表現を“借りて”英文にしていきます。

まず和文を英語でどう表現するか私が尋ね、ネイティブのお二人が英語で答え、私の補足などのあと、英借文解答例を読み上げるので、リスニングにも効果があるでしょう。

日本語の言い回しが英語での発想のじゃまをする例や、日本人のよくするミスなども、そのつど紹介していきます。前もって準備する時間があれば、“自己借文”してから番組をお待ちください。力の付き方が変わります。

またSomething Newのコーナーでは、違った角度からの英会話のサポートを行います。今月は「マザーグースライムでリズムと発音トレーニング1&2」、「英会話リテラシーI’m sorry. の使い方 1」、そして毎月の歌コーナーA SONG 4 U、今月は「虹の彼方に」を鑑賞し、その一節を歌ってみましょう。

ものごとを始めるときに何が大切なのか。いろいろな分野の人々が名言を残しています。米国の実業家ウォルト・ディズニーは、

The way to get started is to quit talking and begin doing.

ものごとの始め方、それはその話をやめてそれをし始めることだ。


と言っています。ただ、そう言った彼がミッキーマウスの多くの作品の声を自ら演じたことは有名です。

英会話楽習をスタートするには、英会話の難しさを語るのをやめて、実際に英語を話す自分を演じていくことが必要かもしれません。

では今月から、今月もまた、

Keep listening,

keep practicing and

keep on smiling!!
語学をもっと学びたい !(クリックするとNHKサイトを離れます)
音声ダウンロード販売
語学DVD・キャラクターグッズ
月刊語学CD
ゴガクル
NHK語学テキスト