しごとの基礎英語

メッセージ

大西 泰斗

大西 泰斗 おおにし ひろと

皆さんこんにちは。「しごとの基礎英語」、講師の大西泰斗です。今回のシリーズでは、オフィスから街角に飛び出します。

しごとの基礎英語はオフィスのビジネスパーソンたちだけのものではありません。訪日外国人の急激な増加に伴い、街角でも英語の需要は急激に高まっています。皆さんも道を尋ねられたり、商品の説明を求められたりしたことがあるかもしれません。

さて、英語上達の一番の秘けつをご存じでしょうか? それは「文をまるごと覚える」ことです。皆さんは日本語で、例えば――「今日は暑かったね」と言うとき、いちいち頭を使って「今日」「は」「暑かった」「ね」を選び取り組み合わせているでしょうか?そんなことはありませんよね。文はほとんどの場合「丸ごと」「まとまって」口から出ているはずです。英語ネイティブも同じです。創造性と文法知識を駆使しながら文を毎回一から作っているネイティブはいません。あらかじめ頭に丸ごと入っており、場面に応じてほんの少しアレンジずるだけ、だから反射的に口から出てくるのです。こうした言葉の本質に気がつけば、行うべき学習のあり方が見えてくるはずです。それが「丸ごと」覚えることなのです。

解説の目的は1つだけ。皆さんに実のある暗唱をしていただくいただくことにあります。「文を丸ごと」とはいっても、文の骨格も単語の意味も分からずでは、せっかく覚えた文はすぐに逃げていってしまいます。また、状況に応じたアレンジも不可能でしょう。「覚える」は、いつも理解に基づかなければならないのです。

最低限SIMPLE ANSWERは完全に暗唱。考えなくても口から文がスラスラ出てくるところまで仕上げてください。ADVANCED ANSWERは、難しく感じるものがあれば、番組の英語理解が進んだ段階でチャレンジしてもかまいません。また、スキットの英語もできる限り暗唱することを強くお勧めします。ネイティブなら考えずに言える文・形がたくさん出ています。

さあ始めましょう。「話したい」と願うだけでは英語は話せるようになりません。まとめて口に出せる文の数が必要なのです。英作文せずに言える文のバリエーションがモノを言うのです。十分に覚えれば、遠からず英語が話せるようになるはずですよ。

がんばって。

NHKゴガク

このページのトップへ

語学をもっと学びたい !(クリックするとNHKサイトを離れます)
音声ダウンロード販売
語学DVD・キャラクターグッズ
月刊語学CD
ゴガクル
NHK語学テキスト