英会話タイムトライアル

メッセージ

Steve Soresi

Steve Soresi スティーブ・ソレイシィ

最近こんなことがありました。ハイキングに行こうと東京の多摩地域にある青梅駅に着いたときのこと。腰の痛みが気になったので湿布を買おうと思い、近くの商店街にいた3人の方に、最寄りの薬局への道を尋ねました。あいにくまだ薬局は開いていませんでしたが、1人の方がご自分のお店の奥から湿布を持ってきてくれました。笑顔と感謝の気持ちで駅に戻ろうとしていると、突然「Excuse me! あのー、すみません!」という声とともに、もう1人の方が自転車でこちらへ向かってきます。なんとその方は、わざわざ自宅に戻って湿布を持ってきてくれたのです。僕はその優しさに涙が出そうになりました。

厳密に言うと、僕が尋ねたのは薬局への行き方です。これが英語の試験なら、薬局までの道順しか言わないのが正解かもしれません。でも、僕が声をかけた方々は、「薬局はどこですか?」という質問に対し、「何をお探しですか?」と質問で返して歩み寄ってくれました。実際のコミュニケーションは、このような臨機応変な対応で成り立っているのですね。

青梅駅で受けたご厚意は、「正解」「不正解」の域を超えたものでした。皆さんもこの講座では、1つの「正解」を目指すのではなく、柔軟な英会話力とコミュニケーション力を目指して練習に取り組んでいただけたらと願っています。

今月5月のテーマはA Little Help! –Shopping–です。買い物中に困っている人をちょっとお手伝いできるようになりましょう!





NHKゴガク

このページのトップへ

語学をもっと学びたい !(クリックするとNHKサイトを離れます)
音声ダウンロード販売
語学DVD・キャラクターグッズ
月刊語学CD
ゴガクル
NHK語学テキスト