レベルアップ ハングル講座

メッセージ

阪堂 千津子

阪堂 千津子 はんどう ちづこ

みなさん、アンニョンハセヨ! みなさんは日本の街を歩いていてハングルが聞こえてきた、という経験をお持ちではありませんか。これからは韓国に行くためだけでなく、日本で韓国人をおもてなしするためにハングルを習う時代が来たのかもしれませんね。

私は、学生時代に知り合った韓国の友人や知人(初対面の人もいましたが)のべ100人以上を日本で案内した経験があります。ハングルがようやく読めるほどの実力でしたが、度胸と愛きょう(?)で、何とか彼らのリクエストに応えることができ、話せるようにもなりました。ですから今回の講座では、フレーズを覚えれば何とかできそうな、簡単なおもてなし会話から始めます。

最初の1か月のテーマは「突然のおもてなし」。偶然出会った韓国人と簡単な意思疎通ができることを目標に、とっさの反応力を鍛えます。

2か月目のテーマは「出会いを楽しむ」。いろいろな場所で韓国人と出会ったと仮定して、さらなる親切が発揮できるように練習します。

最後の1か月のテーマは「裏のないおもてなし」。相手の文化を尊重しながら自分の文化をわかりやすく紹介し、理解を深め合うやりとりができるようになることが目標です。

この講座では、案内するときに使うであろう日本語を思い浮かべ、それをハングルでどう表現すべきかを考えて構成しました。ですからテキストの表現以外にもたくさんの言い回しがあるはずです。ぜひ実際に使ってみて、いろいろな言い方を体得してください。毎回、会話にチャレンジするコーナーがありますが、よりレベルアップを図りたい方は、自分なりの言い回しで自由にバーチャル会話を楽しんでください。要は相手と話をしたい、コミュニケーションを楽しみたいという姿勢が大事です。そしてほんの少しのユーモアも!

おもてなしに最も大切なのは、相手の気持ちに寄り添ってエスコートすること。ほんの短い間であっても思い出として残るような「心の通う」おもてなしの極意を、この講座でみなさんと一緒に考えていけたらうれしいです。

NHKゴガク

このページのトップへ

語学をもっと学びたい !(クリックするとNHKサイトを離れます)
音声ダウンロード販売
語学DVD・キャラクターグッズ
月刊語学CD
ゴガクル
NHK語学テキスト