【手話で楽しむ】益子焼『暮らしの中の芸術品』

美の壺

普段使いの器として人々に愛されている益子焼。素朴な土の質感とあたたかみが持ち味だ。人間国宝の陶芸家、濱田庄司の代表作「飴釉白青十字掛大鉢」は釉薬をひしゃくですくい上げ、皿に流しかけて模様を描く「流しかけ」という技法を用い、素朴さと芸術性を合わせ持つ作品を作り上げた。そうした形式にとらわれない、進取の精神を受け継いだ若い作家も育っている。(美の壺)