現代人も共感!?人間の”弱さ”を描いた カフカ「変身」

100分de名著

主人公グレーゴル・ザムザは、ある朝、起きたら虫になっていた。仕事に行いけない…家族と会話ができない…などの苦難が降りかかる。だがグレーゴルは次第に、そんな状況を楽しむようになっていった。そこには作者フランツ・カフカの仕事や家族からの解放を望む個人的な願望が反映されていた。そんな解放感も、やがて孤独に感じてしまうグレーゴル。「変身」からカフカ自身の人生の葛藤を読み解いていく。(100分de名著)

こちらもおすすめ