チャプターあらすじを読む
文楽「為せば成る」
ないようを読む

為(な)せば成(な)る 為(な)さねば成(な)らぬ 何事(なにごと)も 成(な)らぬは人(ひと)の 為(な)さぬなりけり
【文楽解説】
人形浄瑠璃・文楽は、物語を語る太夫と、情景を演奏する三味線ひきと、人形遣いとで演じる伝統芸能で、三味線伴奏の語り物音楽のことを浄瑠璃といいます。
【「為せば成る」解説】
「為せば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の 為さぬなりけり」 江戸時代の米沢藩主(現在の山形県)、上杉鷹山(うえすぎようざん・1751~1822年没)の言葉です。どんなことでも強い意志を持ってやれば、必ず結果がでる。「やる気」の大切さを説いた言葉でもあります。

にほんごであそぼ
文楽「為(な)せば成(な)る」
人形浄瑠璃・文楽で「為せば成る」上杉鷹山 ※2017年までに放送したものは竹本織太夫のお名前が豊竹咲甫太夫になっています
関連キーワード:
伝統芸能 人形浄瑠璃 文楽 太夫

クリップ

教材きょうざい資料しりょう

教材・資料(先生向け)

配信はいしんリスト

今年度こんねんど放送ほうそう

その放送ほうそう