チャプターあらすじを読む
どこにある?コミュニケーションのすれ違い
ないようを読む

「会話がかみ合わない自分を、みんなに分かってほしい」と願うゆりちゃん。そこで、ゆりちゃんの特性を理解してもらうため、とあるやりとりを、クラスのみんなに見てもらうことに。それは、音楽発表会でジュリアとエルモの間に起こった、さまざまなすれ違い。エルモはジュリアに、必死に立つ位置を教えるが、ジュリアは、“そこ、ここ”といったあいまいな指示語が理解できず…。エルモに「怒っているの?」と心配そうに聞く場面も。実はかつて、ゆりちゃんとクラスのみんなとの間にも、似たような出来事があったのだ。

相手の特性に合わせて、伝え方を工夫することも大切
ないようを読む

エルモとジュリアのやり取りを見たクラスのみんなは、相手の特性にあわせて、伝え方を工夫することも大切だと気がついた。そんな友達に対して、ゆりちゃんも気持ちを伝えるための「お助け絵カード」を作ってきた。そこには「場所はどこ?」「なかよくして☆」「将棋やらない?」など、聞きたいことや伝えたいことが書かれていた。絵カードを見せて、仲良くなりたい気持ちを伝えることができたゆりちゃん。ようやくお互いに一歩が踏み出せた。その後、ゆりちゃんの元を訪ねてみると、みんなと将棋で楽しく遊ぶ姿が。少しずつ理解が深まり、距離が縮まったようだった。

バリバラ
「バリバラ×セサミストリート」後編
クラスのみんなに、思いを伝えるために。「子どもの個性に合った」表現方法とは?おたがいが過ごしやすくなるクラスを目指して。クラスのみんなにできることは?

クリップ

教材きょうざい資料しりょう

教材・資料(先生向け)

配信はいしんリスト

今年度こんねんど放送ほうそう

その放送ほうそう