チャプターあらすじを読む
scene 01『できない』を見つけよう
ないようを読む

ぼくの名前(なまえ)は、出来内満太郎(できない・まんたろう)。デキナイ小学校ではたらく25さい、どくしん。でも、これは、かりのすがた。「♪できない できないできない できない子いないか できない できないできない できない子見つけた~♪」。できないということは、いつかできるようになるってこと。だれかがなにかをできないと、“できるメーター”がどんどんへって、“デキナイヲデキルマン”がやってくる! さあ、いっしょに『できない』を見つけよう!

scene 02よばれてもへんじをしないおうすけ
ないようを読む

今日(きょう)のテーマは、「へんじ」。『できない』さがし、スタート! 先生がきょうしつにやってきました。「おはようございます。では、しゅっせきをとります。きなりちゃん」と先生。「はい!」とへんじするきなり。「ゆうとくん」。ゆうとも大きなこえで「はい!」とへんじします。ところが、「おうすけくん」とよばれたおうすけは、だまってペコッとあたまを下げただけ。「おうすけくん、だいじょうぶですか?」と先生がききますが、「え?」とくびをかしげています。すると、できるメーターが一つへりました。「あっ! メーターへっちゃったぁ!」と満太郎。

scene 03ともだちがしんぱいしているのに
ないようを読む

「おうちゃん。ねえ、おうちゃん」。きなりがとなりのせきのおうすけによびかけますが、おうすけは「え?」というだけ。へんじをしません。「どこか、ぐあいわるいの?」ときなりがきいても、「いやあ、べつに」とおうすけ。きなりはちょっといやなかおをしました。すると、できるメーターがまた一つへりました。それを見て、「きょうもぼくの、で・ば・ん? おほほほほ」と満太郎。みんなはできてないこと、見つけられたかな? できてないと、どうなるとおもう?

scene 04『ぼくも、しいくがかりしたかったのに』
ないようを読む

「今日(きょう)はみんなで、かかりをきめます。やりたいかかりがきまったら、元気(げんき)にへんじをしてくださいね」と先生がいいました。「では、はいたつがかり、やりたい人」。ゆうとが「はい!」と手を上げました。「ゆうとくんいがい、いませんか? では、はいたつがかりはゆうとくんにきまりました」。つづいて、「しいくがかり、やりたい人」。きなりが「はい!」と手を上げました。「ほかにいませんか?」と先生。しいくがかりはきなりにきまりました。『え、なんで? ぼくも、しいくがかりしたかったのに』とおもうおうすけ。どうして~? また一つ、できるメーターがへりました。

scene 05おこってしまうきなり
ないようを読む

休みじかん。「しいくがかりしたかったなぁ…」とおうすけ。きなりとゆうとが、「おうちゃん、ほんとに平気(へいき)?」、「ほけんしつまでおんぶするよ」とこえをかけました。「なんで? ぼく、びょうきじゃないのに!」とおうすけ。どうして~? できるメーターがまた一つへりました。「どうしたの? ぼくは元気(げんき)いっぱいだよ」とおうすけがいうと、「じゃあ、へんじしてよ! よんでもへんじがないし、ぐあいわるいのかとおもってしんぱいしてたのに!」。おこってしまうきなり。どうして~? できるメーターがあっというまにからっぽになりました! すると、きゅうにきょうしつがくらくなり…。

scene 06デキナイヲデキルマンがあらわれた
ないようを読む

「へんしーん!」。出来内満太郎が、デキナイヲデキルマンにへんしんしました。「♪できない できないできない できない子いないか できない できないできない できない子見つけた~ できないことに気づけたら いつかできる ひゃっほ~ できる できる デキナイヲデキルマン!♪」。びっくりするおうすけに、「へんじ、ぜんぜんできてなーい! なんでへんじができないとだめなのか、わかる~?」。でも、おうすけはわかりません。「では、くるくるくるくる、まきもどしタイム!」。

scene 07なぜへんじができないとこまる?
ないようを読む

なぜへんじができないとこまるのか、いっしょにかんがえてみよう。「えーと…、そうか! こえが小さすぎたから、じぶんの気もちがつたわらない!」とおうすけ。そう。気もちがつたわらないとこまるよねえ。なんでへんじができないとこまるの? 「ちゃんとへんじをしなかったから…、みんなにしんぱいをかける!」。そう。しんぱいかけるのよくないね。なんでへんじができないとこまるの? 「ともだちをいやな気もちにさせる!」。よくぞ気づけたねえ。へんじができないと、『気もちがつたわらない!』、『しんぱいをかける!』、『いやな気もちにさせる!』。こんなこまったことがあるんだね。

scene 08『できない』に気づけばかならず『できる』!
ないようを読む

「そっか~。今日(きょう)のしっぱいは、ぜんぶちゃんとへんじをしてなかったからだったのかぁ」とおうすけは気がつきました。「そう! でも、『できない』に気づけば、かならず『できる』!」とデキナイヲデキルマン。「よーし。これからはきちんとへんじするぞ!」とおうすけがいいました。「おほほっ。本当(ほんとう)にできるのか~?」とデキナイヲデキルマン。

scene 09じぶんの名前をよばれたら
ないようを読む

じゃあ、じぶんの名前(なまえ)をよばれたらどうする? 「『はい!』と元気(げんき)にへんじをする」とおうすけ。そう、あいてにちゃんと、きこえているよとこたえるのが、へんじ。「これからは、あいてのかおを見て、へんじをするようにする。しんぱいかけちゃだめだもんね」とおうすけ。そう、きちんとへんじができると、じぶんもあいてもあんしんできる。「へんじ、だいじ。へんじ、だいじ」。

scene 10こえの大きさはばめんにあわせて
ないようを読む

こえの大きさをあらわす“こえのものさし”。『小さい』、『ふつう』、『大きい』の三つがあります。ここでもんだい。じゅぎょう中、せきがとなりのともだちにはどんなこえでへんじをする? 「ちかくにいるってことだから…、小さいこえ!」。そう! もう一つもんだい。クラスのみんなにはなすときは、どんなこえ? 「みんなにきこえるようにはなすから…、大きいこえ!」。そう。こえは、ときやばしょにあわせて大きさをかえることもだいじなんだね。かおを見て元気(げんき)よくへんじをする。こえの大きさはばめんにあわせてかえる。きこえてるよとあいてにつたえるためにこえを出す。それが、へんじ。

scene 11みんなもちゃんとできるかな?
ないようを読む

こくごのじかんです。先生に「わかりましたか? おうすけくん」ときかれ、「はい!」と元気(げんき)にへんじするおうすけ。すると、できるメーターが満(まん)タンにもどりました。「おぬし、なかなかできるな~」と満太郎。「はいっ!」とへんじするおうすけ。満太郎はちょっとびっくりして「お、おう」。みんなもちゃんとできるかな?

で~きた
へんじ
へんじ、ちゃんとできるかな?