チャプターあらすじを読む
scene 01『できない』を見つけよう
ないようを読む

ぼくの名前(なまえ)は、出来内満太郎(できない・まんたろう)。デキナイ小学校ではたらく25さい、どくしん。でも、これは、かりのすがた。「♪できない できないできない できない子いないか できない できないできない できない子見つけた~♪」。できないということは、いつかできるようになるってこと。だれかがなにかをできないと、“できるメーター”がどんどんへって、“デキナイヲデキルマン”がやってくる! さあ、いっしょに『できない』を見つけよう!

scene 02どろだんごつくりで手がまっくろ
ないようを読む

やすみじかん。そとであそんできたおうすけたちは手がまっくろ。きなりとゆうとは手をあらいます。でもおうすけは、「どろだんごつくるの、たのしいよなあ!」といいながら見ているだけ。「おうちゃん、手あらいは?」といわれ、「手あらい? あー、はいはい。はいおわり」と、ちょっと水をつけてあらうだけです。「あれ? おうちゃん、せっけんは?」ときかれても、「もうきれいになったよ」とおうすけ。「ハンカチある?」ときなりがきくと、「だいじょぶ、だいじょぶ」とズボンで手をふいています。「それよりトイレ!」とおうすけはトイレに。すると、できるメーターが三つへりました。

scene 03トイレにいっても手をあらわない?
ないようを読む

「トイレにいって、あんしん、あんしん」。おうすけがもどってきました。手あらい場(ば)を見て、「さっきあらったばっかりだし、いいや!」と手をあらわずにいってしまいます。すると、またメーターが一つへりました。「そろそろぼくの、で・ば・ん?」と満太郎。みんなは、できないこと見つけられたかな? このあと、どうなるとおもう?

scene 04プリントがどろだらけ!
ないようを読む

こくごのじかんです。先生がプリントをくばりました。「今日(きょう)は100てんとるぞ!」とやる気まんまんのおうすけ。ところがプリントをはじめようとすると、手のよごれがついて、プリントがどろだらけになってしまいます。できるメーターがまた一つへりました。見ると、プリントだけでなく、つくえもきょうかしょもどろだらけです。「あれ? 手あらいしたのに手がよごれてる!」。おうすけはじぶんの手のよごれに気がつきました。そこで、できるメーターがまた一つへりました。

scene 05ズボンで手をふいたから
ないようを読む

「おうすけくん、どうしました?」と先生がきくと、「あちこちにどろがついてるんです!」とおうすけ。するとゆうとが、「あっ、おうちゃん、おしり!」といいました。おうすけのズボンのおしりもどろだらけだったのです。「おうちゃん、ハンカチじゃなくて、ズボンで手をふいたでしょ」ときなりにいわれます。「ズボンのよごれが手についちゃったの?!」とおうすけ。そこで、できるメーターがあっというまにからっぽになりました。すると、きゅうにきょうしつがくらくなり…。

scene 06デキナイヲデキルマンがあらわれた
ないようを読む

「へんしーん!」。デキナイヲデキルマンがあらわれました。「♪できない できないできない できない子いないか できない できないできない できない子見つけた~ できないことに気づけたら いつかできる ひゃっほ~ できる できる デキナイヲデキルマン!♪」。デキナイヲデキルマンはおうすけに、「手あらい、ぜんぜんできてなーい! なんで手あらいができないとこまるのか、わかる?」とききます。でもおうすけにはわかりません。「では、くるくるくるくる、まきもどしタイム!」。

scene 07よごれやバイキンがおちない、あちこちよごれる
ないようを読む

なんで手あらいができないとこまるのか、いっしょにかんがえてみよう。「あ! 手をちょっとぬらしただけじゃ、よごれやバイキンがおちない!」とおうすけ。そう。そのあとトイレにもいったよね。でも…。「トイレのあとも、手あらいしなかった。バイキンがついてるかもしれない!」。そう。ほかには…。「ハンカチをわすれたから、手をズボンでふいちゃった。これじゃズボンもぬれるし、ズボンのよごれがまた手についちゃう!」。そうだね。手がよごれていると…。「あちこちよごれる!」。そう。しっかり手あらいができないと、こんなこまったことがあるんだね。

scene 08『できない』に気づけばかならず『できる』!
ないようを読む

「そっか~。今日(きょう)のしっぱいは、ぜんぶ手あらいができていなかったからだったんだ~」とおうすけは気がつきました。「でも、『できない』に気づけば…」とデキナイヲデキルマンにきかれ、「かならず『できる』!」とこたえるおうすけ。そして、「よーし、これからはちゃんと、手をあらうぞ!」といいました。「おほほっ。本当(ほんとう)にできるのか~?」とデキナイヲデキルマン。

scene 09“てあらいクイズ!”
ないようを読む

ではもんだい。手はいつあらう? 1.そとであそんだあと。2.トイレのあと。3.しょくじのまえ。「えーと、これは1.2.3.ぜんぶ!」とおうすけ。そう! ぜんぶせいかいだね。「あと、ぼくは学校だけじゃなくて、いえにかえってからも手あらいする!」。できるメーターが二つ上がりました。二つめのもんだい。どうして手をあらわないといけないの? 「えーと、手のよごれやバイキンをおとすため!」。せいかい! よごれやバイキンをしっかりおとせば、びょうきやかぜのよぼうになるんだよ。できるメーターがさらに二つ上がりました。

scene 10うたにあわせてたのしく手あらい
ないようを読む

うたにあわせて、たのしく手あらいしてみよう! まずは手をぬらして、せっけんをつけたら、「♪シュシュシュシュシュシュシュシュ しゅりけんシュシュシュシュ すべりだいで ツルツルすべろう できないことに気づけたら クルクルまきもどせ~ ゆびさきゆびさき 手くびもあらおうね~!♪」。さいごはあわをながして、せいけつなハンカチでしっかりふこう。「で~きた」とおうすけ。すると、できるメーターが満タンにもどりました。手あらいは、よごれがおちるまでしっかりあらおうね。「手あらいはかぜのよぼうにもなるから、めんどうくさがらず、ちゃんとやる!」。さあ、みんなもできるかな?

で~きた
てあらい
てあらい できているかな?