チャプターあらすじを読む
scene 01うちはオートロックだから
ないようを読む

カナ、マユ、スズの三人がおしゃべりしながら帰っています。スズが、「最近、このへんで不審者(ふしんしゃ)が出るって聞いたけど、こわいよねぇ」と言いました。「知ってる。そいつ、家までついてきたんだって。家の人が出たら走ってにげたって」、「君、かわいいねって言うやつでしょ」とマユとカナはその話を知っていました。「スズちゃんの家、共働きだから心配だね」とカナ。「そっかぁ。帰ってもだれもいないんだ」とマユ。スズは、「だいじょうぶだよ。うちのマンション、オートロックだし」と答えます。分かれ道で、「じゃあ、また明日」とカナとマユは帰っていきました。

scene 02帰宅時間に見張っている男
ないようを読む

スズが自宅(じたく)のマンションに帰ってきました。玄関(げんかん)のドアのところで、ふと、何かの気配を感じてうしろをふりかえります。でも、だれもいません。スズはドアを開けて中に入っていきました。すると、マンションの向かい側の歩道に男があらわれました。スズが入っていったドアを見ています。男が手元のスマホに目をやると、15時47分の表示(ひょうじ)です。「いつもと同じ...」と男がつぶやきました。スズはマンションのエレベーターに乗りこみます。行き先階のボタンをおすスズ。エレベーターの中はスズ一人です。

scene 03男の待ちぶせ
ないようを読む

次の日。今日もカナ、マユ、スズの三人がおしゃべりしながら帰っていきます。カナが思い出したように、「あ、昨日言ってた不審者(ふしんしゃ)、つかまったらしいよ」と言いました。待ちぶせされた子が防犯(ぼうはん)ブザーを鳴らしたのだそうです。「使ったことないわ、これ」。マユが自分の防犯ブザーを見せました。「わたしも...」。スズも自分の防犯ブザーを見ます。「じゃあね!」。いつもの分かれ道で、二人は手をふってスズと別れて帰っていきました。そのとき、道ばたにすわっていた男が手元のスマホで時間を見ました。15時40分です。男は立ち上がり、歩き出しました。

scene 04男が入りこんできた
ないようを読む

スズがマンションのオートロックのキーをさしこんだとき、知らない男がエントランスに入ってきました。ポストの郵便物(ゆうびんぶつ)をチェックしているようです。キーを回して入り口の自動ドアを開けたスズは、中に入っていきました。そして、自動ドアがしまりかけたそのとき、その男がすっとスズのあとを追って中に入りました。さらに、エレベーターに乗りこんだスズのあとを追うように、男はドアのしまりかけたエレベーターにスルリと乗りこんできました。

scene 05エレベーターの中で二人きり
ないようを読む

スズは知らない男とエレベーターの中で二人きりです。気になったスズがうしろの男をチラッと見ると、男は笑いかけてきました。『ここに住んでる人かなぁ。おりたら失礼だよね』と思うスズ。すると男がこう言いました。「君、かわいいね」。そして少しずつ近よってきました。さらに男はスズの頭をなで始めたのです。『だれか...』と固まってしまうスズ。そのとき、スズはランドセルに下げている防犯(ぼうはん)ブザーを思い出しました。防犯ブザーのひもに手をのばすスズ。すると男はその手をギュッとつかみ、「じっとして」と言いました。男の手は頭から首すじに下りてきます。首をなでながら、「かわいいなぁ」と言う男。

scene 06なんとかにげ出せた!
ないようを読む

『早く着いて!』。スズはエレベーターの非常(ひじょう)ボタンをおそうとします。でも、気づいた男に手をつかまれ、おさえられてしまいました。それでもスズは必死に男と争いながらエレベーターのボタンを手当たり次第におしました。スズにだきつこうとする男。「キャーッ!」。そのとき、エレベーターが近くの階に着き、ドアが開きました。なんとか外へにげ出すスズ。男は追いかけてきます。いちばん近い家のとびらをたたき、チャイムを鳴らし、「助けて!助けて!」とさけぶと、男はあわてて非常階段(かいだん)からにげていきました。ホッとしてその場にすわりこみ、ふるえがとまらないスズでした。

子ども安全リアルストーリー
エレベーターで二人きり
家に帰ろうとマンションのエレベーターに乗ったスズ。後から見知らぬ男が乗ってきて…。
関連キーワード:
エレベーター 防犯 不審者 安全

クリップ

教材きょうざい資料しりょう

教材・資料(先生向け)

配信はいしんリスト

今年度こんねんど放送ほうそう

その放送ほうそう