ねらい

植物の育ち方の一定の順序を理解し、観察する気持ちを持つ。

内容

風に運ばれていくタンポポの綿毛、この綿毛のひとつひとつにタネがついています。土の上におちたタンポポのタネ。その成長のようすをみていきましょう。白い根がのびはじめました。そして、緑色の葉が出てきました。この小さな2枚の葉が、タンポポの子葉です。子葉の間から、新しい葉が出てきました。新しい葉は、子葉とは違うかたちをしています。葉はどんどん大きくなり、数もふえていきます。大きくなったタンポポは、やがて、花のつぼみをつけます。花が咲きました。花が咲き終わると、タンポポはタネをつくり始めます。綿毛を広げました。綿毛の根元にはタネができています。たくさんのタネが、次々と空に飛び立っていきます。このようにしてタンポポは、仲間をふやしていくのです。

タンポポのそだち方
タンポポの発芽、開花、種子ができるまでを時間を縮めて観ます。