ねらい

植物を育てることに興味・関心をもち、タネを植えるために必要なことをとらえる。

内容

これはオクラのたねです。たねをまいて育ててみましょう。あさいうつわにたねを並べ、たねがわずかに顔を出すくらいに水を入れます。このまま一ばんおくと、たねの皮がやわらかくなり、芽(め)が出やすくなります。次に土のじゅんびをします。育ちをよくするためにひりょうをまぜましょう。土をうえ木ぱちに入れて、トントン。表面を平らにしたら、指で穴をあけます。深さは5ミリメートルから1cm。そこにたねをひとつずつ入れます。上からそっと土をかぶせましょう。一つのうえ木ぱちに3個くらいまきます。芽が出てくるまで、土の表面がかわかないように毎日水をやりましょう。さぁて、どんな芽が出るかな。

オクラのたねのまきかた
オクラの種のまきかたを説明する映像です。
関連キーワード:
タネ オクラ ハツガ タネマキ