ねらい

電気を流すと回るモーターは、回すと電流を生み出すことを知る。運動と電流、磁力の間には相互に関連があることに気づく。

内容

モーターは電気が流れると回転します。では、モーターが回転すると、どんなことが起こるのでしょうか?ハンドルを回すと、モーターが回る装置です。モーターが回ると、明かりがつきました。モーターの回転が、電気を起こしたのです。普段使っている電気も同じような方法で作られています。火力発電所では、石油や石炭などを燃やして水を沸とうさせ、水蒸気を作り、発電機を回しています。水蒸気が回しているのは、この羽根車です。水蒸気が羽根車を回す仕組みを実験で見てみましょう。フラスコで水を沸かします。出てくる水蒸気は羽根車にあたり、モーターを回転させます。水が沸とうしました。水蒸気で羽根車が回りだしました。熱のエネルギーを利用して、電気が起こったのです。熱以外のエネルギーを利用する発電方法もあります。水力発電所では、落ちる水の力で水車を回しています。水の力を使ってモーターを回転させ、電気を起こしているのです。

モーターは発電機
モーターを別の力で回すと、電流が生まれることを実験します。