ねらい

有機物のプラスチックにも種類があり、共通の性質と固有の性質があることを知る

内容

ポリバケツ、ペットボトル、消しゴムなど。これらは、みんなプラスチックで出来ています。刻印されているアルファベットを見ればその種類が分かります。PSはポリスチレン。PETはポリエチレンテレフタラート、PVCはポリ塩化ビニル、PEはポリエチレン、PPはポリプロピレンというプラスチックをあらわします。プラスチックは有機物です。熱すると、どれも燃えるのでしょうか? ポリエチレンは…、溶けながら燃えます。ポリ塩化ビニルは…、火がつくと勢いよく燃えます。ほかのものはどうでしょう?どれも燃えます。今度は水の中に入れて、浮くかどうか調べてみましょう。ポリエチレンは…、浮きました。ポリプロピレンは…、浮きました。水より比重が小さいのです。こちらの3つはどうでしょう? 沈みました。比重など、種類によって性質に違いがあるのです。(※PVCは他のプラスチックと比べて燃えにくい性質があります)

プラスチックの性質は?
プラスチックの種類と、その共通の性質、固有の性質を説明します。
関連キーワード:
物質 性質 プラスチック 種類 加熱