ねらい

オシロスコープや電球の点灯を時間を縮めて見ることで、直流と交流の違いに興味・関心をもつ。

内容

パソコンのACアダプター。中では交流を直流に変える作業をしています。交流と直流は何が違うのでしょう。オシロスコープで電圧の様子を見てみます。まずは交流の電源。電圧0の状態から電圧を上げていくと、波の形に。電圧が規則的に高くなったり低くなったりしています。電圧0の線の上と下では、電流の向きが反対です。直流の電源は乾電池。電圧の様子は真っ直ぐ、直流は電圧が一定で変化しないのです。交流でついている蛍光灯は明るく点灯し続けているように見えますが、時間を延ばして見てみると、ついたり消えたり。交流では電流の止まる瞬間があるので、その時、蛍光灯が暗くなるのです。白熱電球でも明るくなったり暗くなったり。蛍光灯ほど暗くならないのは、フィラメントは電流が止まってもすぐに冷えないからです。白熱電球に直流の電流を流すと…、明るさに全く変化がありません。直流では、電流が止まることなく流れ続けているからです。

直流と交流の違い
直流と交流の違いを、オシロスコープや電流の流れ方の違いから学びます。