ねらい

源頼朝が、自分の弟である源義経を討伐した理由がわかる。

内容

源頼朝(みなもとのよりとも)の弟、源義経(みなもとのよしつね)。兄、頼朝が伊豆(いず)に追放されたとき、当時、牛若(うしわか)とよばれていた弟、義経は、京都の寺に預けられました。その後、東北の藤原(ふじわら)氏をたより、義経と名乗るようになります。兄と弟が出会ったのは、頼朝が平氏との戦いをはじめたころでした。義経は自ら、逃(に)げる平氏を壇ノ浦(だんのうら)に追いつめます。そして大活やくのすえ、平氏をほろぼしました。しかしその後、兄、頼朝は、弟義経を討(う)つように命じます。義経が、頼朝に相談することなく朝廷(ちょうてい)から貴族(きぞく)の位や重要な役目を受けてしまったからです。京の都にいた義経は、追われるように東北の藤原氏のもとに逃げます。そして、義経はここで生涯(しょうがい)をとじることになったのです。

源義経
平氏を滅亡させた立役者義経、しかし兄、頼朝(よりとも)とはしだいに不仲になり、やがて奥州(おうしゅう)の地でその生涯(しょうがい)を閉じることになる。
関連キーワード:
源頼朝 源義経 藤原氏 壇ノ浦 平氏