ねらい

秀吉が検地と刀狩によって、武士と百姓・町民との身分の区別を行い、年貢の収入の安定をはかったことがわかる。

内容

天下統一を成しとげた豊臣秀吉。秀吉は、その支配を確かなものにするためにさまざまな政策を行います。そのひとつが「検地」です。全国の田や畑の広さや生産力を調べました。秀吉は、地域ごとにことなっていた土地の価値を米の収かく量で示すことに統一。また「検地帳」をつくり、どの土地をどの農民がたがやし税をおさめるのかをはっきりさせました。「太閤検地(たいこうけんち)」といいます。当時の検地帳が残っています。この土地は米がたくさんとれます。ランクは「上田(じょうでん)」。広さも記されています。そして、この土地をたがやし、税をおさめる人の名は「左京(さきょう)」と書かれています。さらに秀吉は「刀狩令(かたながりれい)」を出します。農民から武器を取り上げ、農業に専念させるためです。検地帳に名前が書かれ、さらに武器を取り上げられたことで、農民は田や畑からはなれることがむずかしくなりました。

検地と刀狩
天下統一を成しとげた豊臣秀吉は、支配を確かなものにするためさまざまな政策を行う。全国の田畑を調べる検地や、農民から武器をとりあげる刀狩令などが実施された。
関連キーワード:
太閤検地 刀狩令 検地帳 豊臣秀吉