ねらい

日本が外国軍の侵攻を受けた初めての経験である元との戦いを見る。

内容

1274年、九州の博多沖にとうとう元の大艦隊が姿を現します。むかえうつのは日本の武士。当時の武士の戦い方は、まず名乗りを上げ、一対一で行うものでした。「やあやあ、我こそは肥後の国の住人…」。「やあやあ我こそは…」。それに比べて元の兵士は、名乗るどころか大勢でいっせいにおそいかかってきました。戦い方のちがいに武士たちは苦戦します。

戦いの違いに苦しむ武士
武士の戦いとは全く異なる元の戦法に、幕府軍は苦戦を強いられる。
関連キーワード:
博多 大艦隊襲来 戦法の違い