ねらい

等高線で高さを読み取れることを知る

内容

地図に書かれた波線(なみせん)は、同じ高さの地点をつないでいる。これは「等高線(とうこうせん)」とよばれ、高さや地形を表すことができる。 25,000分の1の地図では、等高線は10mごとに引かれる。そして50mごとに太い線で表し、高さも書きこまれる。 等高線のあいだがせまければ、急な斜面(しゃめん)。広ければ、なだらか。こうして地形を読み取ることができる。

等高線
地図の等高線は、同じ高さの場所を結んだ線です。
関連キーワード:
地図 等高線