ねらい

酸素には物を燃やす働きがあることをとらえ興味・関心をもつ。

内容

宇宙に向けて飛んで行くロケット。空気のない宇宙でも、燃料を燃やすことができるロケットはどのようなしくみになっているのでしょうか?これが、ロケットの燃料、液体水素です。気体になった水素は、とてもよく燃えます。そして、これは液体酸素。燃焼に必要な酸素を液体にしたものです。ロケットは、燃料の水素と、燃料を燃やすのに必要な酸素の両方を積んでいるのです。これが、ロケットのエンジンです。液体水素はここを通ってロケットの下へ、液体酸素も下へ送られ、この部分で燃やされます。このように、ロケットは空気のないところでも、燃料を燃やして飛ぶことができるのです。

ロケットの燃料が宇宙で燃えるわけ
ロケットは液体水素と液体酸素を利用して飛ぶことを紹介します。
関連キーワード:
ロケット サンソ スイソ モエル