ねらい

太陽電池を利用する住宅が増えていることを知り、エネルギー問題、環境問題に関心を持つ。

内容

日本では、1994年に政府の補助金制度が始まりました。そのおかげもあり、太陽電池のついた住宅の普及が急速に進んでいます。これは、屋根そのものを太陽電池で作った新しいタイプのものです。一般の屋根より耐久性も高く、割安に作ることができます。太陽電池で作った電気は、余った分を電力会社に売ることができます。日本では、この売電制度が1993年から導入されています。2003年度末、日本の太陽電池住宅の数は、16万を超えています。近い将来、日本のどこででもこのような景色が見られるようになるかもしれません。

太陽電池住宅の普及-中学
日本では、1994年に政府の補助金制度が始まり、太陽電池(光電池)のついた住宅の普及が進んでいます。余った電気は、電力会社に売ることができます。