ねらい

季節によって異なる縄文時代の食生活の様子を理解する。縄文クッキーの作り方を通して自然の恵みを生かした縄文人の生活の知恵に気付くことができる。

内容

縄文時代の人々に、食料を提供したのが森や川でした。森では、果物や木の実、キノコが豊富にありました。川でとれる魚も、大切な食べ物でした。春は、山菜や貝がとれます。夏は、海でいろいろな魚がとれました。秋、キノコや木の実を集めるのに忙しい季節。冬、鹿や猪などが貴重な食べ物になりました。縄文時代の人々は、それぞれの季節にとれるものをよく知っていたのです。これは、縄文時代の遺跡から見つかった、当時の人々の食べ物。「縄文クッキー」と呼ばれています。材料は、鹿などの肉と卵。そして栗やシイの実などの木の実です。まず木の実を石ですりつぶします。次に、石を割って作ったナイフで肉を切って、すりつぶした木の実とまぜ、と水を加えて練ります。一口サイズに形を整えて、火で熱した土器で焼きます。栄養満点、縄文時代のハンバーグの出来上がりです。縄文時代の人々の食卓には、自然の恵みがたっぷり生かされていたのです。

縄文人の食べ物
縄文時代の人々の食料は、森や川でとれる季節の恵みでした。当時の遺跡から見つかった、「縄文クッキー」と呼ばれる食べ物の作り方などを紹介します。
関連キーワード:
縄文時代 ジョウモンジダイ