あらすじ一覧

トレニアの花 雌雄の出会い

ミクロワールド トレニアの花 雌雄の出会い オープニング

ミクロワールド トレニアの花 雌雄の出会い オープニング

トレニアの受精の観察

公園などによく植えられている花、トレニア。トレニアの花では、花粉が雌(め)しべについたあとに起こる受精の様子を、生きたまま観察することができます。その様子を見ていきましょう。花の中には、雄(お)しべと雌しべがあります。雌しべの先は二またに分かれ、大きく開いています。雄しべの先はふくらんでいて、中に花粉が入っています。

めしべの中を伸びていく花粉管

トレニアの花にやってきたハチの背中に雄しべが当たると、花粉がつきます。このハチが別の花を訪れたとき、雌しべに花粉がつきます。このとき、ハチが雌しべに触れると、雌しべの先が閉じます。花粉が乾燥しないように閉じるのだとも考えられています。花粉は雌しべから水分をもらってすぐに活動を始め、花粉管を伸ばします。花粉管は雌しべの中を伸びていきます。

観察しやすい卵細胞

雌しべは、花の中に1本あります。花粉管は長い雌しべの中を進み、付け根にあるふくらみに向かいます。このふくらみの中には、小さな粒がたくさん並んでいます。トレニアは、この粒一つひとつのつくりが、ほかの植物と少し異なります。粒から突き出た楕円形(だえんけい)の部分に、卵(らん)細胞があります。普通、この部分はまわりの細胞に包まれていて、よく見えません。それがトレニアでは外に飛び出しているため、観察しやすいのです。

卵細胞をめざす花粉管

花粉管はこの卵細胞をめざします。この花粉管を特殊な光で見てみると、緑色の点が二つ見えます。卵細胞と受精する精(せい)細胞です。花粉管は卵細胞への入口にたどりつくと、さらに奥まで入っていきます。そのあと、花粉管の中身が一気に流れ込みます。このとき、精細胞も中に入ります。トレニア以外ではなかなか見ることのできない瞬間です。

命を次の世代へ

特殊な光で見ると、精細胞は卵細胞のすぐそばにありました。こうして受精が行われるのです。受精した卵細胞は成長していき、やがて種子になります。枯れていく花の中で種子を残すトレニア。次の世代に命を伝える営みを垣間(かいま)見ることができました。